新しいものづくりがわかるメディア

RSS


コーディング不要でIoT開発——Arduino「Oplà IoT Kit」向けテンプレートを公開

Arduinoは2021年7月30日の公式ブログで、「Oplà IoT Kit」を使って迅速にプロジェクトを完成できるテンプレートについて紹介した。スケッチのアップロードなどが自動化されている。

photo

テンプレートはクラウド開発環境「Arduino Cloud」に加わった新機能で、数クリックするだけで各種プロジェクトを立ち上げることができる。コーディングスキルを必要としないためOplà IoT Kitがさらに使いやすくなり、初心者の電子工作への興味をかき立てるとしている。

photo

Oplà IoT KitはオープンなプログラマブルIoTプラットフォームで、自宅や職場にあるデバイスとのスマート接続、およびカスタムIoTデバイスの自作などに活用できる。各種プロジェクトに必要なコンポーネンツがすべて揃っており初心者向けとされるが、ダッシュボードの作成やコーディングなど、ある程度の知識が必要だった。

現時点で、以下の7つのプロジェクト向けテンプレートが利用できる:

  • ホームセキュリティーアラーム
  • インベントリーコントロール(在庫管理)
  • パーソナルウェザーステーション
  • 照明リモコン
  • スマートガーデン
  • サーモスタットコントロール
  • Thinking About You(メッセージ送信システム)
photo

テンプレートを使うためには、Oplà IoT Kitの登録とArduino Cloudへのサインインが必要。Oplà IoT Kitの購入者には12カ月のサブスクリプションが提供されるが、無料のクラウドプランでも手続きできる。サインインができたらプロジェクトの種類を選び、”Import”ボタンをクリックする。さらに、ウィザードに従い簡単なプロセスを経るとセットアップが完了する。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. Raspberry PiでPCを遠隔管理——KVM over IP用拡張ボード「PiKVM v3 HAT」
  2. 低価格でも精密な造形——DLP方式3Dプリンター「Anycubic Photon Ultra」
  3. Raspberry Piで制御するロボットアーム——音声コントロール対応6軸ロボットアーム「mechArm」
  4. ステンレスへの刻印も——7.5Wダイオードレーザー加工機「OKU Desk」
  5. ArduinoがSeggerと提携——Arduio IDE 2.0で正式サポートへ
  6. モジュール式の竹製家具が製作できる3Dプリントのコネクタ——宇宙での利用にも期待
  7. 音波を減衰させて騒音を半減させるねじ——床や天井の建築材を薄くして空間を広く取ることも可能に
  8. 豊橋技術科学大学ICD-LAB「弱いロボット」に学ぶものづくりのアイデアのヒント
  9. 超音速微粒子の衝突に耐える超軽量「ナノアーキテクチャ材料」を開発
  10. バイオ燃料の限界を超える人工酵母を開発

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る