新しいものづくりがわかるメディア

RSS


自作スマートウォッチも——0.95インチOLED搭載Arduino互換ボード「Pocuter」

コインサイズの大きさに12種類の機能を搭載したArduino互換ミニコンピュータ「Pocuter」がKickstarterに登場し、人気を集めている。

photo

Pocuterは、小型基板にフルカラーOLED、32ビットマイコンATSAMD21G18A、Wi-FiおよびBluetooth内蔵のESP32、MicroSDカードスロット、プログラマバブルボタン×3、マイク、加速度計、温度センサー、光センサー、RGB LED、充電モジュールを搭載。基板サイズは26×23mmで、バッテリーとケースを含めても厚みは約11mmに収まる。

photo

内部メモリはフラッシュメモリが256KB、SRAMが32KB。最大512GBのMicroSDカードからArduinoスケッチや画像をロードすることもできる。

ディスプレイは0.95インチ、96×64ピクセル、16ビット表示で、例えば25fpsのライブレンダリングも可能。専用APIを利用すると時間や天気、Twitterなどの情報を表示できる。

photo

OSとしてPocuter OSを搭載し、ライブラリや開発キット、専用クラウドやアプリストアも用意する。microUSB経由で充電可能で、音声コマンドや自動ウェイクアップ機能を搭載したスマートウォッチや、自転車用スピードメーターなどのDIYも可能だ。

photo

早割価格は39ユーロ(約5100円)。出荷は2021年12月の予定で、日本への送料は9ユーロ(約1200円)だ。

Pocuterは、2021年9月19日までクラウドファンディングを実施中。9月9日時点で、1万2000ユーロ(約156万円)の目標額を大きく上回る約10万ユーロ(約1360万円)を集めている。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. Raspberry PiでPCを遠隔管理——KVM over IP用拡張ボード「PiKVM v3 HAT」
  2. 低価格でも精密な造形——DLP方式3Dプリンター「Anycubic Photon Ultra」
  3. Raspberry Piで制御するロボットアーム——音声コントロール対応6軸ロボットアーム「mechArm」
  4. ステンレスへの刻印も——7.5Wダイオードレーザー加工機「OKU Desk」
  5. ArduinoがSeggerと提携——Arduio IDE 2.0で正式サポートへ
  6. モジュール式の竹製家具が製作できる3Dプリントのコネクタ——宇宙での利用にも期待
  7. 音波を減衰させて騒音を半減させるねじ——床や天井の建築材を薄くして空間を広く取ることも可能に
  8. 豊橋技術科学大学ICD-LAB「弱いロボット」に学ぶものづくりのアイデアのヒント
  9. 超音速微粒子の衝突に耐える超軽量「ナノアーキテクチャ材料」を開発
  10. バイオ燃料の限界を超える人工酵母を開発

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る