新しいものづくりがわかるメディア

RSS


チタン合金使用で高強度/軽量な部品が造形可能に——Desktop Metalの金属3Dプリンターがチタン材料(Ti64)に対応

Desktop Metalの金属3Dプリンター「Studioシステム」

アルテックは2021年9月10日、国内一次代理店を務めるDesktop Metalの金属3Dプリンター「Studioシステム」がチタン合金Ti-6Al-4V(Ti64)の造形に対応したことを発表した。

Studioシステムは、Desktop Metal独自の押出方式BMD(バウンドメタルデポジション)を活用した金属プリントシステムだ。StudioシステムでTi64を使用することで、高強度で軽量な部品を生産できる。Ti64は9月に出荷が予定されており、Desktop Metalは押出方式のBMD用材料としてTi64を商業利用できる最初の企業となる。

Ti64は広く使用されているチタン合金で、高い引張強度、耐腐食性、生体適合性を有しているため、航空宇宙/防衛/自動車/石油/ガスなどの産業における高性能な製造用途に適している。また、生体適合性にも優れていることから、手術器具やインプラントなどの医療用途にも利用できる。

チタン合金を3Dプリントすることで部品が軽量化され、全体的なコスト削減につなげられることがメリットだ。

マシンブラケット

マシンブラケットは、17-4PHステンレスの代わりにチタンを使用し、ジャイロ格子状のインフィルを用いて設計されており、必要な機能的強度と剛性を維持しながら軽量化と材料の削減を実現している。StudioシステムでTi64を使って3Dプリントすることで、部品重量を59%削減することに成功。また、引張特性は730MPaの降伏強度、845MPaの極限引張強さ、17%の伸び率を実現した。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 組み立てて動かせる──ステンレス製組み立てキット「Metal Time」(4種類)
  2. 米海軍、強襲揚陸艦「エセックス」上で金属3Dプリンター導入実証実施
  3. 5kgのボウリング球で巨大トラックボールを作ったら
  4. 第1回 ラズパイってなんですか
  5. DLP光造形3Dプリンター「RAYSHAPE」、サンステラ3Dモールで取り扱い開始
  6. ラズパイとの違いは? 初心者向けArduinoの使い方とオススメキット
  7. シアトル発スタートアップ、ガレージに置けるコンパクトな核融合炉を開発中
  8. チャンバー内温度270°——QUALUP SAS、マルチマテリアル対応高温3Dプリンター「Qu3 HT」発表
  9. 自宅の3Dプリンターでフードプリント——フード3Dプリンター用エクストルーダー「LuckyBot」
  10. とってもエコだけどまったく役に立たない新感覚の機械、作りました

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る