新しいものづくりがわかるメディア

RSS


植物のタイムラプス動画も撮れる——自動給水システム「Raspberry Pi Plant Watering」

Raspberry Pi財団は2021年8月20日、Raspberry Pi活用事例として、植物への自動給水システム「Raspberry Pi Plant Watering」を紹介した。

photo

Christopher Barnatt氏が自作したこのシステムは、植物への自動水やりと、タイムラプス撮影による成長の記録ができる。

システムは、Raspberry Pi Zero、電磁弁、リレーHAT、水分センサー、ZeroCamカメラ、12V電源、降圧コンバーターで構成する。駆動状態を確認できるように、LEDも搭載している。Raspberry Pi Picoを使わなかったのは、PicoにはRaspberry Piカメラ用のインタフェースがないからだという。

Raspberry Piは、土壌に挿した水分センサーと定期的に通信し、土が乾いている場合は電磁弁を開放して、一定時間水やりをする。センサーとの通信間隔や給水時間は、制御プログラム内で設定できる。

Barnatt氏はYouTubeで、各機能の説明やセットアップの仕方、制御プログラムについて詳細に紹介している。この自動給水システムを使い、発芽したばかりの植物が鉢底から水を吸収しながらぐんぐん葉を茂らせていく様子も、3日間のタイプラプス動画で確認できる。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 米海軍、強襲揚陸艦「エセックス」上で金属3Dプリンター導入実証実施
  2. 地下から無尽蔵のエネルギーを得る——MIT、強力マイクロ波を使って大深度地熱井を掘削
  3. 3Dプリントでデスクトップサイズの風洞試験装置を自作
  4. 造形サイズが2.7倍に拡大——FLASHFORGEデスクトップ家庭用3Dプリンター「Finder3」発売
  5. 特集は3Dものづくり入門——CQ出版、「トランジスタ技術」2022年9月号発売
  6. アシックス、パラメトリックデザイン手法と3Dプリント技術を活用した「ACTIBREEZE 3D SANDAL」を開発
  7. ラズパイとの違いは? 初心者向けArduinoの使い方とオススメキット
  8. DLP光造形3Dプリンター「RAYSHAPE」、サンステラ3Dモールで取り扱い開始
  9. スイッチサイエンスがM5Stackの工業用途向け開発プラットフォーム「M5Station」を販売開始
  10. DLP光造形3Dプリンター「RAYSHAPE」、サンステラ3Dモールで取り扱い開始

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る