新しいものづくりがわかるメディア

RSS


Pi 400を拡張する——スイッチサイエンス「40ピンGPIOエクステンダー」など4種を発売

スイッチサイエンスは2021年9月16日、人気の高いRaspberry Pi 400向けに、40ピンGPIOエクステンダー2種とI/Oプロテクター2種を発売した。

photo

40ピンGPIOエクステンダーは、Raspberry Pi 400用に設計された100mmの40ピンオス/メスヘッダーコネクター付きのリボンケーブル。Pi 400のGPIO接続を100mm引き出せる。もちろんPi 400以外でも、40ピンGPIOが搭載されたRaspberry Piシリーズで使用可能だ。 ケーブル長は100mm、定格電流は1A、ピッチは2.54mm。色違い(グレーとレインボー)2種をラインアップし、価格はいずれも319円だ(価格は全て税込)。

photo

40ピンI/Oプロテクターは、40ピンリボンケーブルと回路基板で構成された製品だ。40ピンリボンケーブルを使ってPi 400のGPIO信号を回路基板に導き、回路基板はRaspberry Pi 400を保護するための一連の機能を提供する。全てのGPIO信号は電流制限抵抗で保護され、ESDイミュニティICが基板からのESDエネルギーを吸収する。

photo

ボードの左端に搭載された小型スイッチで、回路基板への+5V/+3.3Vの電源供給を制御可能だ。スイッチをOFFに切り替えることで、回路基板への電源を切断できる。40ピンコネクターに回路基板を取り付けたいときにはシャットダウンの必要はなく、40ピンI/Oプロテクターの電源を切るだけで、ホットプラグによる損傷を防止できる。

photo

40ピンGPIOエクステンダー同様、リボンケーブルの色がグレーとレインボーの2種をラインアップしており、価格はいずれも1265円だ。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. PCは酒で冷やせ——「イエーガーマイスター」を冷却水に使った自作PC
  2. スイッチサイエンスが「reTerminal - 5インチタッチスクリーン付き Raspberry Pi CM4搭載デバイス」を発売
  3. ラズパイでプレイ中のアルバムアートを表示——Raspberry Piを使った64×64LEDマトリックスディスプレイ
  4. Raspberry Piで動かす小型ローバー——アクションカメラを搭載して進化する「Zippy」
  5. M5Stackでキーボードを作る——遊舎工房、自作キーボードキット「AZ-M5ortho」発売
  6. コンパクトながら高性能——デスクトップ型5W/10Wレーザー加工機「xTool D1」
  7. メカトラックス、Raspberry Pi防塵防水IoTゲートウェイ「Pi-protect」を発売
  8. ラズパイでレトロ家電をIoT化——Raspberry Pi Zeroで制御する「Teasmade 2.0」
  9. 廃熱を電気エネルギーに変換する高効率熱電材料を開発
  10. TIがPythonを搭載した関数電卓「TI-84 Plus CE Python」を発売

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る