新しいものづくりがわかるメディア

RSS


モジュール式の竹製家具が製作できる3Dプリントのコネクタ——宇宙での利用にも期待

© Alain Herzog / 2021 EPFL

スイス連邦工科大学ローザンヌ校(EPFL)の卒業生、Romain van Wassenhove氏は、木材に比べて持続可能性のメリットが大きい竹を、ヨーロッパの産業に取り込もうとしている。

同氏は土木工学の修士研究の一環として、モジュール式家具製作に使用できるコネクタを開発した。後にこの発明は、カスタマイズ可能な竹製家具を製作できるオンラインプログラムにまで発展。コネクタに関わる技術は、宇宙空間での利用が検討されている。

コネクタはバイオプラスチックを素材として3Dプリントでき、製作物に合わせてカスタマイズ可能だ。モジュール式の竹製家具が製作できるオンラインプログラムでは、デザインを作成して注文すると、竹パーツのカッティング用ファイルと併せてコネクタの3Dプリント計画が近隣の製造業者に送られる。

現在、学際的なプロジェクト「Asclepios」の一環として、コネクタの設計技術を使用した気象観測塔が開発されている。高さ5mの気象観測塔は軽量の複合材料で構成されていて、簡単に組み立てられるものだ。

fabcross for エンジニアより転載)

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. PCは酒で冷やせ——「イエーガーマイスター」を冷却水に使った自作PC
  2. スイッチサイエンスが「reTerminal - 5インチタッチスクリーン付き Raspberry Pi CM4搭載デバイス」を発売
  3. ラズパイでプレイ中のアルバムアートを表示——Raspberry Piを使った64×64LEDマトリックスディスプレイ
  4. Raspberry Piで動かす小型ローバー——アクションカメラを搭載して進化する「Zippy」
  5. M5Stackでキーボードを作る——遊舎工房、自作キーボードキット「AZ-M5ortho」発売
  6. コンパクトながら高性能——デスクトップ型5W/10Wレーザー加工機「xTool D1」
  7. メカトラックス、Raspberry Pi防塵防水IoTゲートウェイ「Pi-protect」を発売
  8. ラズパイでレトロ家電をIoT化——Raspberry Pi Zeroで制御する「Teasmade 2.0」
  9. 廃熱を電気エネルギーに変換する高効率熱電材料を開発
  10. TIがPythonを搭載した関数電卓「TI-84 Plus CE Python」を発売

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る