新しいものづくりがわかるメディア

RSS


ペットボトルを3Dプリンター用フィラメントに変えるDIYマシン——1台で切断からフィラメント成型まで可能

JRT3D

ペットボトルをテープ状に裁断し、3Dプリンター用フィラメントに変える「PETBOT」というDIY機器が販売されている。ロシアでプラスチックリサイクル機器を開発製造しているNOVATECH代表のRoman Neskashev氏が開発したものだ。

PETBOTは、ペットボトル裁断とフィラメントの押し出し成型という2段階のプロセスを行う機械が1つになったものだ。まず、底を切り落としたペットボトルを裁断機に押し当ててペットボトルを細長いテープ状に裁断し、リールで巻き取る。

次に、このリールからテープを引き出し、柔軟性のない固化(ガラス)状態とゴム状態の境界温度(ガラス転移温度)より少し高い温度まで加熱して、フィラメントとして押し出し成型し、もう1つのリールでゆっくりと巻き取っていく。フィラメントをリールで巻き取る前に、台に備え付けられたファンで冷却しているようだ。

PETBOTは、プラスチックリサイクル関連の機械や型、材料、作品などの売買ができるオンラインマーケットプレイス「Precious Plastic Bazar」で販売されている。重さは8.2kgで、価格は400ユーロ(約5万2000円)となっている。現在、オーストリア、ルーマニア、ポルトガル、カナダに顧客がおり、日本への配送が可能かは問い合わせが必要だ。

どこにでもあるペットボトルからフィラメントを作成できるため、Precious Plastic Bazarでの商品ページでは「子どもたちにリサイクルすること、役立つ物を3Dプリントすることを教えよう」と記載されている。

fabcross for エンジニアより転載)

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 8mmフィルムカメラをRaspberry Piで復活——デジタルカートリッジ「Super 8 Camera Digital Conversion」
  2. 目を閉じても見える——網膜にARを投影するスマートコンタクトレンズを開発
  3. リニア式電源、ラズパイ対応の高音質ミュージックサーバー「MS-100」を発売
  4. タイピングした文字を手書きしてくれるロボット「PlottyBot」——Raspberry Piで製作
  5. ラズパイとの違いは? 初心者向けArduinoの使い方とオススメキット
  6. Raspberry PiによるPCデータレコーダーのエミュレータ「Raspberry Pi用ピーガーMODEM 【初回版】」発売
  7. ガラスやアクリルのような透明感を表現——3Dプリンター用クリアインク「MH-110PCL」
  8. フィルムカメラをデジタル化——Raspberry Piを使った「Digital Film Cartridge for Analog Cameras」
  9. 第1回 ラズパイってなんですか
  10. ラズパイで放射線量を記録——ソーラーパネル搭載のガイガーカウンターDIYキット「RadSense」

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る