新しいものづくりがわかるメディア

RSS


ラズパイでレトロ家電をIoT化——Raspberry Pi Zeroで制御する「Teasmade 2.0」

Raspberry Pi財団は2021年9月1日、Raspberry Pi活用事例として、レトロなイギリス製ティーメーカー「Teasmade」を改造してGoogleカレンダーと連動させたスマート湯沸かし器「Teasmade 2.0」を紹介した。

photo

Teasmadeとは、イギリスを中心に1970年代までよく使われていた自動紅茶入れ器のこと。今回ベースとなったGoblin社のモデルはアナログ時計付きで、時間になると電気ポットのお湯を沸かして、茶葉の入ったティーポットに注いでくれるシンプルなレトロ家電だ。

製作者は1974年製のGoblin Teasmadeを改造し、無線機能を備えたRaspberry Pi Zero WH、拡張ボードReSpeaker 2-Mics Pi HAT、リレースイッチ、スピーカーを加えて、スマート家電化に取り組んだ。Googleカレンダーの「Brew Time」などトリガーワードを読み取り、予定時間の10分前になると、Teasmadeに電源を入れてお湯を沸かしてくれる。少々うるさい作動音を軽減してくれるのは、新たに搭載したスピーカーから流れてくるイギリス国歌「God save the Queen(女王陛下万歳)」だ。

公開されたYouTubeでは、Raspberry PiによってレトロなティーメーカーがIoT家電として生まれ変わっている。イギリス国歌とともに淹れるのが、紅茶ではなくコーヒーだという点は議論があるかもしれないが。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 昔のマルスをイメージして、パタパタめくってピンを挿す「路線検索ガジェット」を作った
  2. 西和彦氏がM5Stack上で動作するMSX2のオリジナル公式エミュレーター「MSX 0 stack」を発表
  3. Raspberry Piと公式カメラを1つに——Raspberry Pi 2/3/4B対応ケース「PiShell 2」
  4. Creality製の光造形3Dプリンター「HALOT-ONE PLUS」、サンステラが発売
  5. 透かし彫刻磁器という古くからある芸術形式を3Dプリントし、目の見えない人も見える人も共有可能なデータ形式を作製
  6. 1970年代に開発された戦車シミュレーターをRaspberry Piでレストア
  7. Raspberry Pi財団、Mastodon公式インスタンス立ち上げを発表——Raspberry Pi 4で運用
  8. 1秒当たり250mmでの高速印刷が可能な3Dプリンター「Guider3」販売開始
  9. 1.54インチ正方形LCD基板「Squary」——「RP2040」または「ESP-12E」を搭載
  10. LEGO、教育用プログラミングロボットシリーズ「マインドストーム」を2022年年内で販売終了

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る