新しいものづくりがわかるメディア

RSS


ラズパイでレトロ家電をIoT化——Raspberry Pi Zeroで制御する「Teasmade 2.0」

Raspberry Pi財団は2021年9月1日、Raspberry Pi活用事例として、レトロなイギリス製ティーメーカー「Teasmade」を改造してGoogleカレンダーと連動させたスマート湯沸かし器「Teasmade 2.0」を紹介した。

photo

Teasmadeとは、イギリスを中心に1970年代までよく使われていた自動紅茶入れ器のこと。今回ベースとなったGoblin社のモデルはアナログ時計付きで、時間になると電気ポットのお湯を沸かして、茶葉の入ったティーポットに注いでくれるシンプルなレトロ家電だ。

製作者は1974年製のGoblin Teasmadeを改造し、無線機能を備えたRaspberry Pi Zero WH、拡張ボードReSpeaker 2-Mics Pi HAT、リレースイッチ、スピーカーを加えて、スマート家電化に取り組んだ。Googleカレンダーの「Brew Time」などトリガーワードを読み取り、予定時間の10分前になると、Teasmadeに電源を入れてお湯を沸かしてくれる。少々うるさい作動音を軽減してくれるのは、新たに搭載したスピーカーから流れてくるイギリス国歌「God save the Queen(女王陛下万歳)」だ。

公開されたYouTubeでは、Raspberry PiによってレトロなティーメーカーがIoT家電として生まれ変わっている。イギリス国歌とともに淹れるのが、紅茶ではなくコーヒーだという点は議論があるかもしれないが。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 世界最大の浮体式洋上風力発電誕生——5万5000世帯分の電力量に匹敵
  2. Raspberry Piで高画質動画撮影を可能にする「Raspberry Pi Cinema Camera」
  3. 二酸化炭素からでんぷんを人工合成するプロセスを開発——農業によるでんぷん生産を置換する
  4. 世界最大の浮体式洋上風力発電誕生——5万5000世帯分の電力量に匹敵
  5. ケイ砂の蓄熱を利用——再生可能エネルギーを安価に保存するシステムを開発中
  6. 1台3役の3Dプリンター「Snapmaker 2.0」の新モデルが登場——静音性と高速性を向上
  7. 真珠層にインスパイアされた「割れない」ガラスを開発——ガラスとアクリル樹脂を組み合わせた複合材料
  8. 電力不要で海水を淡水化——EU主導で進行中の海水淡水化プロジェクト
  9. 趣味から仕事まで使える!Raspberry Pi(ラズパイ)の使い方とオススメキット
  10. 真珠層にインスパイアされた「割れない」ガラスを開発——ガラスとアクリル樹脂を組み合わせた複合材料

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る