新しいものづくりがわかるメディア

RSS


Raspberry Pi PicoでLEDを光らせる——4×4×4LEDキューブ「Pico Cube」

Raspberry Pi Picoで制御できる4×4×4のLEDキューブ「Pico Cube」がKickstarterに登場した。Raspberry Piを使う「Pi Cube」も用意している。

photo

Pico Cubeは、合計64個の単色LEDを4×4×4の立方体に配置したLEDキューブ。Raspberry Pi Picoで個々のLEDをプログラム制御でき、インテリアとして発光パターンを楽しんだり、コーディングの学習をしたりできる。

photo

LEDは高輝度の単色LEDを使用し、色はレッド/グリーン/ブルーを用意している。発光パターンは自由にカスタマイズでき、TCP/UDP通信プロトコルを介しスマートフォンからもコントロールできる。93.1×65mmの大きさの基板にRaspberry Pi PicoとLEDキューブを搭載し、5Vの給電で動作する。

photo

「Pico Cube DIY」は、未組み立てのLEDキューブキットと、Raspberry Pi Picoの40ピンGPIOが基板にはんだ付けされた状態で届けられる。Pico Cube DIYの予定小売価格は26ポンド(約4000円)で、今なら早割価格15ポンド(約2300円)で入手できる。すべて組み立て済みの「Pico Cube Assembled」の予定小売価格は31ポンド(約4800円)で、今なら早割価格20ポンド(約3100円)で入手できる。

photo

標準タイプのRaspberry Pi対応の「Pi Cube Assembled」の予定小売価格は25ポンド(約3900円)で、今なら早割価格20ポンド(約3100円)で入手できる。2021年11月の出荷を予定しており、日本への送料は15ポンド(約2300円)だ。

Pico Cubeは、2021年10月28日までクラウドファンディングを実施中。10月25日時点で目標額の500ポンド(約7万8000円)を上回る約2900ポンド(約45万円)を集めている。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 世界最大の浮体式洋上風力発電誕生——5万5000世帯分の電力量に匹敵
  2. Raspberry Piで高画質動画撮影を可能にする「Raspberry Pi Cinema Camera」
  3. 二酸化炭素からでんぷんを人工合成するプロセスを開発——農業によるでんぷん生産を置換する
  4. 世界最大の浮体式洋上風力発電誕生——5万5000世帯分の電力量に匹敵
  5. ケイ砂の蓄熱を利用——再生可能エネルギーを安価に保存するシステムを開発中
  6. 1台3役の3Dプリンター「Snapmaker 2.0」の新モデルが登場——静音性と高速性を向上
  7. 真珠層にインスパイアされた「割れない」ガラスを開発——ガラスとアクリル樹脂を組み合わせた複合材料
  8. 電力不要で海水を淡水化——EU主導で進行中の海水淡水化プロジェクト
  9. 趣味から仕事まで使える!Raspberry Pi(ラズパイ)の使い方とオススメキット
  10. 真珠層にインスパイアされた「割れない」ガラスを開発——ガラスとアクリル樹脂を組み合わせた複合材料

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る