新しいものづくりがわかるメディア

RSS


ラズパイが初の値上げ——Raspberry Pi 4 2GBモデルは45ドルに

Raspberry Pi財団は2021年10月20日、世界的な半導体不足を受け、Raspberry Pi 4の2GBモデルを35ドル(約4000円)から45ドル(約5100円)へ値上げすると発表した。

世界的な半導体不足は深刻で、さまざまな産業で影響が出ている。Raspberry Piにおいても影響は避けられず、大幅に需要が伸びたにもかかわらず、2021年の生産台数は2020年と同程度の約700万台にとどまりそうだという。Raspberry Pi財団は、Raspberry Piユーザーへの影響を緩和するべく、いくつかの変更を決定した。

変更の1つが、Raspberry Pi 4 2GBモデルの一時的な値上げだ。2020年2月にRaspberry Pi 4の1GBモデルを廃止し、2GBモデルを35ドルへ値下げしていたが、一時的な処置として2GBモデルの価格を45ドルへ戻し、1GBモデルを35ドルで復活させる。また、在庫の数が限られる40nmシリコンをCompute Module 3、Compute Module 3+、Raspberry Pi 3Bへ優先的に振り分け、Raspberry Pi 3B+が必要なユーザーに対してはRaspberry Pi 4の1GBモデルへの移行を推奨する。

Raspberry Pi財団はこれまで値上げを実施したことはなく、一時的な処置とはいえ値上げを含むいくつかの決定は、不本意ながら不測の事態を乗り越えるためベストな選択だとしている。なお、Raspberry Pi 4とCompute Module 4向けの28nmシリコンは今後12カ月分確保できる目途がついていることから、サプライチェーンの正常化の兆候もみられるとしている。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. Raspberry Pi財団、Mastodon公式インスタンス立ち上げを発表——Raspberry Pi 4で運用
  2. 医療用検査機器開発にRaspberry Piを採用——信頼できる産業用開発プラットフォームと評価
  3. 早稲田大学、光造形3Dプリンターによる金属/樹脂精密構造体の作製に成功
  4. 昔のマルスをイメージして、パタパタめくってピンを挿す「路線検索ガジェット」を作った
  5. 1秒当たり250mmでの高速印刷が可能な3Dプリンター「Guider3」販売開始
  6. MITの学生チーム、金属3Dプリンティング用金型鋼材料を開発——Teslaギガファクトリーの金型製造も
  7. シャープの懐かしPC「X68000」を復活させるプロジェクトがKibidangoに登場
  8. 第1回 ラズパイってなんですか
  9. Raspberry Piと公式カメラを1つに——Raspberry Pi 2/3/4B対応ケース「PiShell 2」
  10. 第11回 抵抗? コンデンサー? IC? ラズパイで扱う電子パーツについて教えて!

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る