新しいものづくりがわかるメディア

RSS


幅800mの海洋プラゴミ回収装置、太平洋ゴミベルトで実証実験中

オランダに拠点を置くNPO The Ocean Cleanupは、海洋のプラスチックごみを回収する新たなシステムの実証実験を行っている。「System 002」と名付けられたU字型のごみ収集装置を2隻の船で曳航し、U字の底の部分に浮遊プラスチックを寄せ集めていく仕組みだ。

新システムは「Jenny」の愛称で呼ばれ、プラスチックが漂うスピードよりわずかに速い1.5ノット(時速2.8Km)で進む。Jennyの開口部の幅は800mもあり、パラシュート型アンカーを使った「System001」よりも広域をカバーできるのが特徴だ。将来的にはオペレーションを無人で行うことも視野に入れる。

実験は「太平洋ゴミベルト」と呼ばれるカリフォルニアとハワイの間にある北太平洋の海域で実施しており、データや知見を得つつ、生態系に悪影響を及ぼさないことにも配慮している。

世界中の海には、5兆個ものプラスチックごみが浮遊しているとされ、海流によって5カ所の海域に集まっているという。推定で1兆8000億個以上、重量8万トンのプラスチックごみが浮遊するとされる太平洋ゴミベルトは、その中でも最大のものだ。

The Ocean Cleanupは、2040年までに海洋プラスチックごみを90%削減することを目標に掲げており、今後のスケールアップに向けてさらなる改良型「System 003」の開発も進めていく考えだ。

fabcross for エンジニアより転載)

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. ラズパイオシロを自作しよう——Raspberry Pi Pico用オシロスコープ基板DIYキット「PL2302KIT」
  2. リチウムイオン電池より4倍高いエネルギー密度のリチウム空気電池を開発
  3. 航続距離1000kmのeVTOL「Vertiia」が初の飛行試験に成功
  4. FFF方式3Dプリンターを高速化——「Creality SONIC PAD」発売
  5. 基板のパターンが109キーボードの配列──はんだ付けだけで自由にキーボードを自作できる「FLINT キーボードを作ろうぜ!キット2」
  6. スペクトラム・テクノロジーがRaspberry Piを使いWi-Fi 6Eに対応した「WiFiプロトコル・アナライザ V2」を販売開始
  7. 土日で完成! 趣味のラズパイ BME680の測定データを小型ディスプレイに表示させる
  8. 電子工作初心者向け「ゼロからよくわかる! Arduinoで電子工作入門ガイド 改訂2版」発刊
  9. 手回し式靴下編み機を作って靴下を編んでみた
  10. 無線LAN対応ラズパイPico——スイッチサイエンス、技適取得済みの「Raspberry Pi Pico W」発売

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る