新しいものづくりがわかるメディア

RSS


Arduino、産業向けIoT開発ボードPortentaシリーズに「Portenta H7 Lite Connected」を追加

Arduinoは2021年10月5日、プロユーザー/産業用途向けのIoT開発ボード「Portenta H7 Lite Connected」を発表した。2020年発表の「Portenta H7」、2021年9月13日発表の「Portenta H7 Lite」に続く同シリーズの第3弾になる。

photo

Portentaシリーズに搭載するメインプロセッサーのSTM32H747は、480MHzのCortex M7と240MHzのCortex M4のデュアルCPU構成となっている。両CPUはすべての内蔵機能を共有しており、Mbed OS、ネイティブMbedアプリケーション、MicroPython/JavaScript(インタプリタ経由)、TensorFlow Lite上でArduinoスケッチの実行ができる。

Portenta H7 Liteは、Portenta H7からビデオ出力、追加の安全機能、ワイヤレス通信機能などを省くことで価格を抑えている。Portenta H7ほどの高精細なビデオインタフェースや高度な安全機能、無線接続が必要のないロボット/機械制御システムの開発などに適している。

そして、今回発表されたPortenta H7 Lite Connectedは、Portenta H7 Liteの上位機種という位置づけで、Portenta H7 LiteにWi-Fi/Bluetoothモジュールを搭載している。エッジAIが可能な優れた処理能力を備え、複数のロボティクスシステムとのインタラクティブなソリューションの構築やプロトタイピングなど、プロユーザーや産業用途向けの新たなニーズに応える。

Arduinoの公式ストアでは、Portenta H7 Lite Connectedを82ユーロ(約1万700円)、Portenta H7 Liteを60ユーロ(約7800円)、Portenta H7を89.9ユーロ(約1万1700円)で販売している。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. ケイ砂の蓄熱を利用——再生可能エネルギーを安価に保存するシステムを開発中
  2. 1台3役の3Dプリンター「Snapmaker 2.0」の新モデルが登場——静音性と高速性を向上
  3. スキャン精度0.1mm、フレームレート10fpsに向上——ハンディー3Dスキャナー「Revopoint POP 2」
  4. ケイ砂の蓄熱を利用——再生可能エネルギーを安価に保存するシステムを開発中
  5. 電力不要で海水を淡水化——EU主導で進行中の海水淡水化プロジェクト
  6. 真珠層にインスパイアされた「割れない」ガラスを開発——ガラスとアクリル樹脂を組み合わせた複合材料
  7. 趣味から仕事まで使える!Raspberry Pi(ラズパイ)の使い方とオススメキット
  8. Dr.片山の100均ロボット研究室 右手っぽく握ったり開いたりするロボットハンド
  9. 真珠層にインスパイアされた「割れない」ガラスを開発——ガラスとアクリル樹脂を組み合わせた複合材料
  10. AIマシンビジョンにも3Dプリントにも使えるデスクトップ4軸ロボットアーム「HUENIT」

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る