新しいものづくりがわかるメディア

RSS


Arduino、産業向けIoT開発ボードPortentaシリーズに「Portenta H7 Lite Connected」を追加

Arduinoは2021年10月5日、プロユーザー/産業用途向けのIoT開発ボード「Portenta H7 Lite Connected」を発表した。2020年発表の「Portenta H7」、2021年9月13日発表の「Portenta H7 Lite」に続く同シリーズの第3弾になる。

photo

Portentaシリーズに搭載するメインプロセッサーのSTM32H747は、480MHzのCortex M7と240MHzのCortex M4のデュアルCPU構成となっている。両CPUはすべての内蔵機能を共有しており、Mbed OS、ネイティブMbedアプリケーション、MicroPython/JavaScript(インタプリタ経由)、TensorFlow Lite上でArduinoスケッチの実行ができる。

Portenta H7 Liteは、Portenta H7からビデオ出力、追加の安全機能、ワイヤレス通信機能などを省くことで価格を抑えている。Portenta H7ほどの高精細なビデオインタフェースや高度な安全機能、無線接続が必要のないロボット/機械制御システムの開発などに適している。

そして、今回発表されたPortenta H7 Lite Connectedは、Portenta H7 Liteの上位機種という位置づけで、Portenta H7 LiteにWi-Fi/Bluetoothモジュールを搭載している。エッジAIが可能な優れた処理能力を備え、複数のロボティクスシステムとのインタラクティブなソリューションの構築やプロトタイピングなど、プロユーザーや産業用途向けの新たなニーズに応える。

Arduinoの公式ストアでは、Portenta H7 Lite Connectedを82ユーロ(約1万700円)、Portenta H7 Liteを60ユーロ(約7800円)、Portenta H7を89.9ユーロ(約1万1700円)で販売している。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 昔のマルスをイメージして、パタパタめくってピンを挿す「路線検索ガジェット」を作った
  2. 西和彦氏がM5Stack上で動作するMSX2のオリジナル公式エミュレーター「MSX 0 stack」を発表
  3. Raspberry Piと公式カメラを1つに——Raspberry Pi 2/3/4B対応ケース「PiShell 2」
  4. Creality製の光造形3Dプリンター「HALOT-ONE PLUS」、サンステラが発売
  5. 透かし彫刻磁器という古くからある芸術形式を3Dプリントし、目の見えない人も見える人も共有可能なデータ形式を作製
  6. 1970年代に開発された戦車シミュレーターをRaspberry Piでレストア
  7. Raspberry Pi財団、Mastodon公式インスタンス立ち上げを発表——Raspberry Pi 4で運用
  8. 1秒当たり250mmでの高速印刷が可能な3Dプリンター「Guider3」販売開始
  9. 1.54インチ正方形LCD基板「Squary」——「RP2040」または「ESP-12E」を搭載
  10. LEGO、教育用プログラミングロボットシリーズ「マインドストーム」を2022年年内で販売終了

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る