新しいものづくりがわかるメディア

RSS


自分の自転車を電動化できる——イギリス発「Universal eBike Conversion Kit」

電動アシスト自転車は欲しいが、今の愛着ある自転車も捨てがたい、という人にぴったりなキットがイギリスで売られている。ロンドンに拠点を置くSwytch Technologyの「Universal eBike Conversion Kit」は、ハブモーター付きフロントホイール、パワーパックおよびペダルセンサーのセットで、これを使って自分の自転車をレトロフィットし、eBikeにできる。

レトロフィットの手順は、まず自転車の前輪を取り外し、タイヤとチューブをキットのホイールにセットして自転車に取り付ける。次に、ペダルセンサーをペダルの軸に、パワーパックをハンドルバーに取り付けて結線すればeBike化は完了だ。作業に自信がない場合は、事前予約すればテレビ電話で指導を受けることができる。また、フロントホイールのサイズは、オーダー時に連絡すればよい。スポークとリムは一般的な36×12gに対応する。

eBike化された自転車に乗ってペダルを踏むと、センサーがペダルの回転を検知しパワーパックに伝達、パワーパックから出力250Wのハブモーターに電力が供給され、パワーアシストする。アシストレベルはパワーパックのボタンで設定できる。パワーパックには250Whの「PRO」と180Whの「ECO」の2種類があり、航続距離はPROの場合、平均出力125Wで50km。最高速度もパワーパック上のボタンで設定でき、最高速度は時速32kmだ。

日本でも人気の出そうなeBike Conversion Kitだが、今のところ、このキットでeBike化された自転車の電動アシスト機能を使って日本の公道を走ることは出来ない。日本向けの製品が開発されることを期待したい。

fabcross for エンジニアより転載)

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 世界最大の浮体式洋上風力発電誕生——5万5000世帯分の電力量に匹敵
  2. Raspberry Piで高画質動画撮影を可能にする「Raspberry Pi Cinema Camera」
  3. 二酸化炭素からでんぷんを人工合成するプロセスを開発——農業によるでんぷん生産を置換する
  4. 世界最大の浮体式洋上風力発電誕生——5万5000世帯分の電力量に匹敵
  5. ケイ砂の蓄熱を利用——再生可能エネルギーを安価に保存するシステムを開発中
  6. 1台3役の3Dプリンター「Snapmaker 2.0」の新モデルが登場——静音性と高速性を向上
  7. 真珠層にインスパイアされた「割れない」ガラスを開発——ガラスとアクリル樹脂を組み合わせた複合材料
  8. 電力不要で海水を淡水化——EU主導で進行中の海水淡水化プロジェクト
  9. 趣味から仕事まで使える!Raspberry Pi(ラズパイ)の使い方とオススメキット
  10. 真珠層にインスパイアされた「割れない」ガラスを開発——ガラスとアクリル樹脂を組み合わせた複合材料

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る