新しいものづくりがわかるメディア

RSS


掃除機より静かな飛行機——AirbusがeVTOL「CityAirbus NextGen」を公開

欧州の大手航空機メーカーAirbusは2021年9月21日、都市型航空交通(UAM)市場向け電動垂直離着陸機(eVTOL)「CityAirbus」の次世代機の計画を発表した。

Airbusは2015年にCityAirbusの開発を開始し、2017年のパリ航空ショーで発表している。2019年5月に初飛行したデモンストレーター(実証機)は、4基のダクテッドファンを備えるクワッドコプターの形状をしており、乗客4人を乗せ巡航速度120kmで15分飛行できる。

次世代機「CityAirbus NextGen」は8基の電動プロペラを備えV字型のテールを持つ固定翼機。ホバリングと水平飛行の効率が最適化され、垂直飛行から水平飛行に移る際に動翼(補助翼/方向舵/昇降舵などの操縦翼面)や傾斜機構を必要としない。

CityAirbus NextGenは、乗客4人を乗せて巡航速度120kmで80km飛行できる。都市交通で重要となる騒音レベルは、飛行中は65dB未満、離着陸時は70dB未満。一般的に地下鉄車内の騒音レベルは80dB、家庭用掃除機の音は70dB程度といわれており、CityAirbus NextGenはこれらより静かなeVTOLといえるだろう。

CityAirbus NextGenは詳細設計の段階にあり、プロトタイプの初飛行は2023年が予定されている。

fabcross for エンジニアより転載)

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 世界最大の浮体式洋上風力発電誕生——5万5000世帯分の電力量に匹敵
  2. Raspberry Piで高画質動画撮影を可能にする「Raspberry Pi Cinema Camera」
  3. 二酸化炭素からでんぷんを人工合成するプロセスを開発——農業によるでんぷん生産を置換する
  4. 世界最大の浮体式洋上風力発電誕生——5万5000世帯分の電力量に匹敵
  5. ケイ砂の蓄熱を利用——再生可能エネルギーを安価に保存するシステムを開発中
  6. 1台3役の3Dプリンター「Snapmaker 2.0」の新モデルが登場——静音性と高速性を向上
  7. 真珠層にインスパイアされた「割れない」ガラスを開発——ガラスとアクリル樹脂を組み合わせた複合材料
  8. 電力不要で海水を淡水化——EU主導で進行中の海水淡水化プロジェクト
  9. 趣味から仕事まで使える!Raspberry Pi(ラズパイ)の使い方とオススメキット
  10. 真珠層にインスパイアされた「割れない」ガラスを開発——ガラスとアクリル樹脂を組み合わせた複合材料

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る