新しいものづくりがわかるメディア

RSS


CQ出版が「ラズパイ/PCで体験!計測のためのカメラ画像処理」を刊行

CQ出版は「ラズパイ/PCで体験!計測のためのカメラ画像処理」を2021年12月8日に発行する。

同書は、月刊「Interface」2019年7月号の特集「カメラで測る 画像センシング[ラズパイ・カメラ便利帳付き]」の内容を再編集/加筆したものだ。

同書の狙いは、個人でもカメラ画像を利用した計測を可能にすること。Raspberry Piと専用カメラ、オープンソースの画像処理ライブラリーOpenCVを利用し、色合いや形状、明るさ、動き、顔、サイズを検出する。また、これらを組み合わせ、通行者の人数やスクワットの上下回数などを検出する。OpenCVに加えてパソコンの開発環境(Visual Studio)についても解説しており、サンプルプログラムは全てダウンロード可能だ。

全3部構成。第1部「基本の画像処理」では基本図形や文字の描画に加え、円の検出や楕円フィッティング、さまざまなマスク処理や特徴点検出などの画像処理について解説する。第2部「カメラで画像センシング」では侵入検知や通過物/人数のカウントに加え、車のブレーキランプや路線の白線の検知などについても取り扱う。

著者は澤田英宏氏。新書判256ページで、価格は1760円(税込)だ。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 8mmフィルムカメラをRaspberry Piで復活——デジタルカートリッジ「Super 8 Camera Digital Conversion」
  2. まるで車輪付きの2階建てビル——世界最大の「Hummer H1」がUAEの博物館に収蔵
  3. 目を閉じても見える——網膜にARを投影するスマートコンタクトレンズを開発
  4. Raspberry Piを使った天気予報アナログ表示デバイス「Desktop Weather Display」
  5. リニア式電源、ラズパイ対応の高音質ミュージックサーバー「MS-100」を発売
  6. タイピングした文字を手書きしてくれるロボット「PlottyBot」——Raspberry Piで製作
  7. 理科の授業に必要な計測/制御などを1台で——USBを挿すだけで使える道具箱「AkaDako STEAM BOX プロトタイプ」
  8. 第5回 GPIOって何ですか? 機能や役割は?
  9. ラズパイで放射線量を記録——ソーラーパネル搭載のガイガーカウンターDIYキット「RadSense」
  10. ラズパイとの違いは? 初心者向けArduinoの使い方とオススメキット

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る