新しいものづくりがわかるメディア

RSS


CQ出版が「ラズパイ/PCで体験!計測のためのカメラ画像処理」を刊行

CQ出版は「ラズパイ/PCで体験!計測のためのカメラ画像処理」を2021年12月8日に発行する。

同書は、月刊「Interface」2019年7月号の特集「カメラで測る 画像センシング[ラズパイ・カメラ便利帳付き]」の内容を再編集/加筆したものだ。

同書の狙いは、個人でもカメラ画像を利用した計測を可能にすること。Raspberry Piと専用カメラ、オープンソースの画像処理ライブラリーOpenCVを利用し、色合いや形状、明るさ、動き、顔、サイズを検出する。また、これらを組み合わせ、通行者の人数やスクワットの上下回数などを検出する。OpenCVに加えてパソコンの開発環境(Visual Studio)についても解説しており、サンプルプログラムは全てダウンロード可能だ。

全3部構成。第1部「基本の画像処理」では基本図形や文字の描画に加え、円の検出や楕円フィッティング、さまざまなマスク処理や特徴点検出などの画像処理について解説する。第2部「カメラで画像センシング」では侵入検知や通過物/人数のカウントに加え、車のブレーキランプや路線の白線の検知などについても取り扱う。

著者は澤田英宏氏。新書判256ページで、価格は1760円(税込)だ。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 厚さはたったの11mm——世界最薄とうたうRaspberry Pi Zero搭載「ラジカセ」
  2. ラズパイでフライトトラッカーを作ってみよう——Flightrader24を利用して航空機を追跡
  3. 1年半で国産ドローンを量産——金沢発、群制御に特化したドローンショー用機体「unika」を生んだスタートアップの歩みと未来
  4. 特集はMicroPython——CQ出版、「Interface 2023年3月号」発売
  5. C言語でPICマイコンを使う——技術評論社、「改訂新版 8ピンPICマイコンの使い方がよくわかる本」発刊
  6. ラズパイで動くレトロな超小型デスクトップPCを自作
  7. 人体内で発電するカプセル型微生物燃料電池を開発
  8. 1200万画素の「Raspberry Pi カメラモジュール V3」、国内で販売開始
  9. 第1回 ラズパイってなんですか
  10. ネオンを編む!? サイバーパンクな編み物で、輝くニット帽を作ってみた

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る