新しいものづくりがわかるメディア

RSS


オカムラと慶應義塾大がコラボ、バイオマス素材による3Dプリント家具デザイン「Up-Ring」発表

オカムラと慶應義塾大学SFC研究所がコラボレーションして進める、バイオマス素材を使った3Dプリントオフィス家具デザインプロジェクト「Up-Ring(アップリング)」において、チェアなどのオフィス家具デザインを発表した。

Up-Ringプロジェクトは、3Dプリンティング技術やバイオマスの単一材料などの利点を生かすことを考えたデザインの研究開発を進めている。

同社によると、3Dプリンターによる生産は金型が不要なため生産準備段階でのコストを削減でき、製造時には無駄な材料や電力の消費を抑えることができる。また、材料となるバイオポリエチレンはサトウキビから生産。サトウキビは成長過程でCO2を吸収し、石油化学系ポリエチレンと比較してCO2の発生を70%削減する。単一材料(モノマテリアル)で作製するので、粉砕後再度3Dプリンターで成形できるというメリットもある。

今回デザインしたチェアでは、バランスボールのように、座っている人が重心を移動させることで柔軟に姿勢を変化させることができ、しかも背中や膝も安定するという新たな形状を開発。3Dプリンターによる一体成形ができるようにした。同社では今後、同プロジェクトでの具体的な製品化に向けて検討を進める。

3Dプリンターで造形する様子 3Dプリンターで造形する様子

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 世界最大の浮体式洋上風力発電誕生——5万5000世帯分の電力量に匹敵
  2. Raspberry Piで高画質動画撮影を可能にする「Raspberry Pi Cinema Camera」
  3. 二酸化炭素からでんぷんを人工合成するプロセスを開発——農業によるでんぷん生産を置換する
  4. 世界最大の浮体式洋上風力発電誕生——5万5000世帯分の電力量に匹敵
  5. ケイ砂の蓄熱を利用——再生可能エネルギーを安価に保存するシステムを開発中
  6. 1台3役の3Dプリンター「Snapmaker 2.0」の新モデルが登場——静音性と高速性を向上
  7. 真珠層にインスパイアされた「割れない」ガラスを開発——ガラスとアクリル樹脂を組み合わせた複合材料
  8. 電力不要で海水を淡水化——EU主導で進行中の海水淡水化プロジェクト
  9. 趣味から仕事まで使える!Raspberry Pi(ラズパイ)の使い方とオススメキット
  10. 真珠層にインスパイアされた「割れない」ガラスを開発——ガラスとアクリル樹脂を組み合わせた複合材料

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る