新しいものづくりがわかるメディア

RSS


オカムラと慶應義塾大がコラボ、バイオマス素材による3Dプリント家具デザイン「Up-Ring」発表

オカムラと慶應義塾大学SFC研究所がコラボレーションして進める、バイオマス素材を使った3Dプリントオフィス家具デザインプロジェクト「Up-Ring(アップリング)」において、チェアなどのオフィス家具デザインを発表した。

Up-Ringプロジェクトは、3Dプリンティング技術やバイオマスの単一材料などの利点を生かすことを考えたデザインの研究開発を進めている。

同社によると、3Dプリンターによる生産は金型が不要なため生産準備段階でのコストを削減でき、製造時には無駄な材料や電力の消費を抑えることができる。また、材料となるバイオポリエチレンはサトウキビから生産。サトウキビは成長過程でCO2を吸収し、石油化学系ポリエチレンと比較してCO2の発生を70%削減する。単一材料(モノマテリアル)で作製するので、粉砕後再度3Dプリンターで成形できるというメリットもある。

今回デザインしたチェアでは、バランスボールのように、座っている人が重心を移動させることで柔軟に姿勢を変化させることができ、しかも背中や膝も安定するという新たな形状を開発。3Dプリンターによる一体成形ができるようにした。同社では今後、同プロジェクトでの具体的な製品化に向けて検討を進める。

3Dプリンターで造形する様子 3Dプリンターで造形する様子

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 昔のマルスをイメージして、パタパタめくってピンを挿す「路線検索ガジェット」を作った
  2. 西和彦氏がM5Stack上で動作するMSX2のオリジナル公式エミュレーター「MSX 0 stack」を発表
  3. Raspberry Piと公式カメラを1つに——Raspberry Pi 2/3/4B対応ケース「PiShell 2」
  4. Creality製の光造形3Dプリンター「HALOT-ONE PLUS」、サンステラが発売
  5. 透かし彫刻磁器という古くからある芸術形式を3Dプリントし、目の見えない人も見える人も共有可能なデータ形式を作製
  6. 1970年代に開発された戦車シミュレーターをRaspberry Piでレストア
  7. Raspberry Pi財団、Mastodon公式インスタンス立ち上げを発表——Raspberry Pi 4で運用
  8. 1秒当たり250mmでの高速印刷が可能な3Dプリンター「Guider3」販売開始
  9. 1.54インチ正方形LCD基板「Squary」——「RP2040」または「ESP-12E」を搭載
  10. LEGO、教育用プログラミングロボットシリーズ「マインドストーム」を2022年年内で販売終了

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る