新しいものづくりがわかるメディア

RSS


ポルシェ、3Dプリント技術を採用したカスタマイズシート「3D-print bodyform full bucket seat」を発表

ポルシェは2021年10月14日、3Dプリント製クッションを採用したカスタマイズシート「3D-print bodyform full bucket seat」を発表した。

photo

このフルバケットシートは、これまでポルシェのドライバーによって試験走行が進められてきたもので、試作に対する最終調整を経て、新たなパフォーマンスパーツとして入手可能となった。

photo

3D-print bodyform full bucket seatはユニークな見た目に加え、3Dプリンターで出力したシート中央部のクッションとバックレスト表面を採用。ポルシェの既存の軽量フルバケットシートをベースに、発泡ポリプロピレン(EPP)で作られたベースサポートを、3Dプリンターで造形したポリウレタン混合素材の通気性コンフォートレイヤーに接合したサンドイッチ構造が特徴だ。シートの硬さは3段階から選べ 個々のユーザーのニーズに応える。

photo

同シートは「ボクスター」、「ケイマン」、「911」など、既存のフルバケットシートの搭載車に装着可能で、Porsche Centreにて装着に対応するという。1シートの価格は2677.50ユーロ(約35万5300円)だ。 2022年2月からは標準装備としてPorsche Exclusive Manufakturで注文できるようになる。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 電源不要! ソーラーIoTデバイスを3万円台で作ってみた
  2. 小型バーコードスキャナーを作れるRaspberry Pi用拡張ボード「Zero Barcode HAT」
  3. 独自のアルゴリズムで不可能を可能に——3Dプリントでエアロスパイクロケットの実用化を目指す
  4. スイッチサイエンスが「Raspberry Pi Pico」新製品を販売開始
  5. ペットボトルを1週間で分解——プラごみの環境問題を解決するプラスチック分解酵素を発見
  6. ELEGOO、10インチ8KモノクロLCD搭載3Dプリンター「Saturn 2 8K」の先行予約を開始
  7. 3Dプリンター製液体ロケットエンジン「E-2」が試験燃焼でフル推力を達成
  8. 趣味から仕事まで使える!Raspberry Pi(ラズパイ)の使い方とオススメキット
  9. 品質を維持したまま造形速度を2倍に——ミシガン大学発、3Dプリンター用ソフトウェア「FBS」
  10. 電気を使わずビニールテープ製フライホイールで動く8脚ロボット、発進!

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る