新しいものづくりがわかるメディア

RSS


Raspberry Pi財団、「Raspberry Pi 400」の電源オフ不具合を修正

Raspberry Pi財団は2021年11月1日、キーボード型パソコン「Raspberry Pi 400」の電源オフ機能の不具合について発表した。ファームウェアのバグは早期に発見、修正され、その後は修正済みチップを搭載したバージョンが流通している。

photo

Raspberry Pi 400は、コントローラーチップにHoltekの「HT45R0072」を搭載。 キーボードのFn+F10キーを2秒押すとOSを安全にシャットダウンでき、F10キーかFn+F10キーを押すと再起動できる機能を備える。

コントローラーチップはUSB電源が接続されるとパワーが入り、システムが切られるとキーボードをスキャンするカスタムファームウェアが用いられている。F10キーかFn+F10キーが押されると、GLOBAL_ENピンを介してPMU(電源管理ユニット)チップが起動する。

あるいは、システムのブート中でRaspberry Pi OSが動作中にFn+F10キーが押されると、0x66 USB HIDメッセージがLinuxカーネルに送られ、コンピューターのシャットダウンが命令される。Linuxは動作中のアプリケーションをすべてシャットダウンし、ACKメッセージがGPIOピンを介しHoltekチップに送られ、PMUの電源オフを命令する仕組みになっている。

しかし、カスタムHoltekファームウェアにバグがあったため正常に機能せず、早期のセッションにシステムのシャットダウンボタンを使った場合、2度ボタンを押す必要があった。バグは早期に発見、修正され、その後は修正済みチップを搭載したバージョンが流通している。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 付録の真空管FMチューナーでラジオを聴けるムック本「電波受信が面白い!FMラジオの深層へ」
  2. 低電力ディスプレイを使うプロジェクトに最適——Raspberry Pi用電子ペーパーHAT「E-Paper HAT」
  3. 自作SSDで自作CPUを動かす——キオクシア「はたらくSSD」同人誌の店頭無料配布を開始
  4. コストを10分の1に——Raspberry Pi採用の簡易型地震計測システムを飛島建設が開発
  5. ラズパイでクラスタリング——Raspberry Pi 4 Compute Module対応4ノードクラスター「Turing Pi 2」
  6. 約100年前に初めて記述された乱流境界層を完全に数学的定式化——効率的なエンジンの開発や空気抵抗の最小化へ
  7. ラズパイとの違いは? 初心者向けArduinoの使い方とオススメキット
  8. 手軽に高精度スキャンができる3Dスキャナー「Revopoint POP 2」がMakuakeに登場
  9. 音声コマンドでメール送信もできるRaspberry Pi用オーディオ拡張ボード「Audio Codec HAT」
  10. FabCafe Nagoya(愛知県名古屋市)

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る