新しいものづくりがわかるメディア

RSS


Raspberry Pi財団、「Raspberry Pi 400」の電源オフ不具合を修正

Raspberry Pi財団は2021年11月1日、キーボード型パソコン「Raspberry Pi 400」の電源オフ機能の不具合について発表した。ファームウェアのバグは早期に発見、修正され、その後は修正済みチップを搭載したバージョンが流通している。

photo

Raspberry Pi 400は、コントローラーチップにHoltekの「HT45R0072」を搭載。 キーボードのFn+F10キーを2秒押すとOSを安全にシャットダウンでき、F10キーかFn+F10キーを押すと再起動できる機能を備える。

コントローラーチップはUSB電源が接続されるとパワーが入り、システムが切られるとキーボードをスキャンするカスタムファームウェアが用いられている。F10キーかFn+F10キーが押されると、GLOBAL_ENピンを介してPMU(電源管理ユニット)チップが起動する。

あるいは、システムのブート中でRaspberry Pi OSが動作中にFn+F10キーが押されると、0x66 USB HIDメッセージがLinuxカーネルに送られ、コンピューターのシャットダウンが命令される。Linuxは動作中のアプリケーションをすべてシャットダウンし、ACKメッセージがGPIOピンを介しHoltekチップに送られ、PMUの電源オフを命令する仕組みになっている。

しかし、カスタムHoltekファームウェアにバグがあったため正常に機能せず、早期のセッションにシステムのシャットダウンボタンを使った場合、2度ボタンを押す必要があった。バグは早期に発見、修正され、その後は修正済みチップを搭載したバージョンが流通している。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 組み立てて動かせる──ステンレス製組み立てキット「Metal Time」(4種類)
  2. 米海軍、強襲揚陸艦「エセックス」上で金属3Dプリンター導入実証実施
  3. 5kgのボウリング球で巨大トラックボールを作ったら
  4. 第1回 ラズパイってなんですか
  5. DLP光造形3Dプリンター「RAYSHAPE」、サンステラ3Dモールで取り扱い開始
  6. ラズパイとの違いは? 初心者向けArduinoの使い方とオススメキット
  7. シアトル発スタートアップ、ガレージに置けるコンパクトな核融合炉を開発中
  8. チャンバー内温度270°——QUALUP SAS、マルチマテリアル対応高温3Dプリンター「Qu3 HT」発表
  9. 自宅の3Dプリンターでフードプリント——フード3Dプリンター用エクストルーダー「LuckyBot」
  10. とってもエコだけどまったく役に立たない新感覚の機械、作りました

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る