新しいものづくりがわかるメディア

RSS


Raspberry Pi財団がVulkanアップデートを発表——Pi 4がバージョン1.1に適合

Raspberry Pi財団は2021年10月26日、Raspberry Pi 4がVulkan 1.1に対する規格の適合性が正式に認められたと発表した。

photo

Raspberry Pi財団は約1年前、Raspberry Pi 4デバイスへのVulkan 1.0のサポート開始を発表した。それ以来、ドライバーのパフォーマンスの改善や機能群の拡張などVulkan 1.1のサポートに向け準備を進め、Vulkanの開発元Khronosから正規に認定された。

Vulkan 1.1サポートのために必要なドライバーの変更は既にv3dv Mesaドライバーに統合されており、早期にRaspberry Pi OSへの実装も実現したいとしている。

Vulkan 1.1サポートに加え、新たにジオメトリシェーダーのサポート(OpenGL ESドライバーでのみサポート)も開始。また、追加のVulkan機能や拡張も実装しており、詳しくはリストから確認できる。

さらに、シェーダーコンパイラーの改善により、多くのシナリオにおいてより良いコード生成が可能になり、VulkanとOpenGLの両ドライバー向けエクスペンシブシェーディングとともに、Unreal Engine 4で作ったゲームやアプリケーションの大幅な改善が期待できる。

Unreal Engine 4コードはVulkanドライバーの有効化に適しており、シェーダーコンパイラーの最適化作業にも役立つ。一方で、Unreal Engine 4ゲームがRaspberry Pi 4で作成できるのは喜ぶべきことだが、UE4はとても高価な上、ゲームプレイのためのパフォーマンスは十分ではないともしている。

また、RenderDocとGFXReconstructのサポート改善も実施しており、Vulkan開発者が利用できるツールとしてVulkanサポート改善を続けていくとしている。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 付録の真空管FMチューナーでラジオを聴けるムック本「電波受信が面白い!FMラジオの深層へ」
  2. 低電力ディスプレイを使うプロジェクトに最適——Raspberry Pi用電子ペーパーHAT「E-Paper HAT」
  3. 自作SSDで自作CPUを動かす——キオクシア「はたらくSSD」同人誌の店頭無料配布を開始
  4. コストを10分の1に——Raspberry Pi採用の簡易型地震計測システムを飛島建設が開発
  5. ラズパイでクラスタリング——Raspberry Pi 4 Compute Module対応4ノードクラスター「Turing Pi 2」
  6. 約100年前に初めて記述された乱流境界層を完全に数学的定式化——効率的なエンジンの開発や空気抵抗の最小化へ
  7. ラズパイとの違いは? 初心者向けArduinoの使い方とオススメキット
  8. 手軽に高精度スキャンができる3Dスキャナー「Revopoint POP 2」がMakuakeに登場
  9. 音声コマンドでメール送信もできるRaspberry Pi用オーディオ拡張ボード「Audio Codec HAT」
  10. FabCafe Nagoya(愛知県名古屋市)

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る