新しいものづくりがわかるメディア

RSS


Raspberry Pi財団がVulkanアップデートを発表——Pi 4がバージョン1.1に適合

Raspberry Pi財団は2021年10月26日、Raspberry Pi 4がVulkan 1.1に対する規格の適合性が正式に認められたと発表した。

photo

Raspberry Pi財団は約1年前、Raspberry Pi 4デバイスへのVulkan 1.0のサポート開始を発表した。それ以来、ドライバーのパフォーマンスの改善や機能群の拡張などVulkan 1.1のサポートに向け準備を進め、Vulkanの開発元Khronosから正規に認定された。

Vulkan 1.1サポートのために必要なドライバーの変更は既にv3dv Mesaドライバーに統合されており、早期にRaspberry Pi OSへの実装も実現したいとしている。

Vulkan 1.1サポートに加え、新たにジオメトリシェーダーのサポート(OpenGL ESドライバーでのみサポート)も開始。また、追加のVulkan機能や拡張も実装しており、詳しくはリストから確認できる。

さらに、シェーダーコンパイラーの改善により、多くのシナリオにおいてより良いコード生成が可能になり、VulkanとOpenGLの両ドライバー向けエクスペンシブシェーディングとともに、Unreal Engine 4で作ったゲームやアプリケーションの大幅な改善が期待できる。

Unreal Engine 4コードはVulkanドライバーの有効化に適しており、シェーダーコンパイラーの最適化作業にも役立つ。一方で、Unreal Engine 4ゲームがRaspberry Pi 4で作成できるのは喜ぶべきことだが、UE4はとても高価な上、ゲームプレイのためのパフォーマンスは十分ではないともしている。

また、RenderDocとGFXReconstructのサポート改善も実施しており、Vulkan開発者が利用できるツールとしてVulkanサポート改善を続けていくとしている。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. ラズパイで動くレトロな超小型デスクトップPCを自作
  2. 厚さはたったの11mm——世界最薄とうたうRaspberry Pi Zero搭載「ラジカセ」
  3. ネオンを編む!? サイバーパンクな編み物で、輝くニット帽を作ってみた
  4. 特集はMicroPython——CQ出版、「Interface 2023年3月号」発売
  5. 1年半で国産ドローンを量産——金沢発、群制御に特化したドローンショー用機体「unika」を生んだスタートアップの歩みと未来
  6. ハッキング手法を試行してプログラミング学習——ラズパイマイコン搭載USBデバイス「HackyPi」
  7. ラズパイとAndroidでオシロスコープを——Raspberry Pi Picoオシロスコープ向けアナログ基板「PLU2212-DSO」発売
  8. 自転車を30秒で電動化する、E-bikeコンバージョンキット「LIVALL PikaBoost」
  9. 地球上で最も強靭な「高エントロピー合金」を発見
  10. ラズパイを使ってラップトップPCを自作しよう——透明ボディのDIYキット「LapPi 2.0」

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る