新しいものづくりがわかるメディア

RSS


Raspberry Pi財団、Raspberry Pi OSをDebian Linux「bullseye」へバージョンアップ

Raspberry Pi財団は2021年11月8日、Raspberry Pi OSがDebian Linux「bullseye」へバージョンアップしたと発表した。

Raspberry Pi OSのベースとなるDebian Linuxは、2年ごとにメジャーなバージョンのアップグレードを実施している。Raspberry Pi OSはこれまで、2019年にリリースされたDebian「buster」に対応していたが、2021年8月にリリースされたDebian bullseyeへのバージョンアップが発表された。ちなみに、Debianのコードネームはディズニー映画「トイ・ストーリー」の登場人物が基になっており、Bullseyeはウッディの愛馬の名前だ。

Debian bullseyeはユーザーから見える大きな変化は比較的少なく、ファイルシステムやプリンティングの内部的な変化はあるが、メインは既存のアプリケーションや機能のパッチやアップグレードになる。一方で、Debian自体のアップグレードだけでなく、Raspberry Pi OSのbullseye版はデスクトップ環境やRaspberry Piハードウェアサポートへの重要な変更を実施している。

バージョンアップ版では、ユーザーインタフェースツールキットGTK+をバージョン3へアップグレードしている。これまでは、ほとんどのデスクトップでバージョン2を使っていたが、GTK+3を使うDebianアプリケーションの数が増えていることから、すべてのソフトウェアとデスクトップを新バージョンにアップグレードした。それにより、一貫したデスクトップのコンポーネントとアプリケーションのルックとフィールを提供する。

photo

また、GTK+3への対応に伴い、ウィンドウマネージャをOpenboxからMutterへ変更している。コンポジット型ウィンドウマネージャのMutterはスクリーン全体のコントロールが可能なため、これまでのウィンドウマネージャでは困難だった優れたビジュアルエフェクトの作成に対応する。例えばウィンドウズのコーナーを丸くしたり、各ウィンドウの後ろのボーダーに影を表示したりできる。

他にも、通知システムの統合や通知システムを利用したアップデータープラグイン、ファイルマネージャーのビューオプションの整理、KMSビデオドライバーの標準化、libcameraカメラドライバーへの変更などを実施。正常にバージョンアップ版を動作するために、新たなSDカードへのイメージのダウンロード、アプリケーションの再インストール、現イメージからのデータの移動を推奨している。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 付録の真空管FMチューナーでラジオを聴けるムック本「電波受信が面白い!FMラジオの深層へ」
  2. 低電力ディスプレイを使うプロジェクトに最適——Raspberry Pi用電子ペーパーHAT「E-Paper HAT」
  3. 自作SSDで自作CPUを動かす——キオクシア「はたらくSSD」同人誌の店頭無料配布を開始
  4. コストを10分の1に——Raspberry Pi採用の簡易型地震計測システムを飛島建設が開発
  5. ラズパイでクラスタリング——Raspberry Pi 4 Compute Module対応4ノードクラスター「Turing Pi 2」
  6. 約100年前に初めて記述された乱流境界層を完全に数学的定式化——効率的なエンジンの開発や空気抵抗の最小化へ
  7. ラズパイとの違いは? 初心者向けArduinoの使い方とオススメキット
  8. 手軽に高精度スキャンができる3Dスキャナー「Revopoint POP 2」がMakuakeに登場
  9. 音声コマンドでメール送信もできるRaspberry Pi用オーディオ拡張ボード「Audio Codec HAT」
  10. FabCafe Nagoya(愛知県名古屋市)

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る