新しいものづくりがわかるメディア

RSS


スマホとRaspberry Pi Zero Wを使ってRaspberry Pi Picoを屋外でもコーディング

プログラマーのehm_education氏は、屋外でもRaspberry Pi Picoをコーディングできるようにするセットアップを考案し、ソーシャルメディアRedditで紹介している。

今回紹介された方法では、Raspberry Pi PicoをRaspberry Pi Zero Wで開発する。その他に、Bluetooth対応ワイヤレスキーボード、スマートフォン、モバイルバッテリーが必要だ

ケースに収納したRaspberry Pi Zero Wをモバイルバッテリーで駆動し、Raspberry Pi Zero WとRaspberry Pi Picoをmicro USBケーブルで接続する。Raspberry Pi Zero WはローカルWi-Fiに接続し、独自アクセスポイントもホストする。そして、スマートフォンをRaspberry Pi Zero Wのアクセスポイントに接続し、VNC経由でスマートフォン上に表示させて操作をする。

開発環境には「Thonny IDE」を、入力にはNuPhyの薄型ワイヤレスメカニカルキーボード「Air 75」を利用している。キーボードはスマートフォンにBluetooth接続し、キーボードショートカットを使った操作もできる。タッチスクリーンをマウス入力の代わりに利用することもできる。もちろん、マウスを外付けすることも可能だ。

ehm_education氏は、過去の経験からUSB-C HDMIキャプチャーカードを使うのも悪くはないとしつつ、この場合、キーボードをRaspberry Piに直接接続しなければならず、タッチ入力にも非対応であることから、VNC接続を勧めている。また、今後、Raspberry Pi Zero WをRaspberry Pi Zero 2 Wにアップグレードする可能性があることも示唆している。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. ラズパイで動くレトロな超小型デスクトップPCを自作
  2. 厚さはたったの11mm——世界最薄とうたうRaspberry Pi Zero搭載「ラジカセ」
  3. ネオンを編む!? サイバーパンクな編み物で、輝くニット帽を作ってみた
  4. 特集はMicroPython——CQ出版、「Interface 2023年3月号」発売
  5. 1年半で国産ドローンを量産——金沢発、群制御に特化したドローンショー用機体「unika」を生んだスタートアップの歩みと未来
  6. ハッキング手法を試行してプログラミング学習——ラズパイマイコン搭載USBデバイス「HackyPi」
  7. ラズパイとAndroidでオシロスコープを——Raspberry Pi Picoオシロスコープ向けアナログ基板「PLU2212-DSO」発売
  8. 自転車を30秒で電動化する、E-bikeコンバージョンキット「LIVALL PikaBoost」
  9. 地球上で最も強靭な「高エントロピー合金」を発見
  10. ラズパイを使ってラップトップPCを自作しよう——透明ボディのDIYキット「LapPi 2.0」

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る