新しいものづくりがわかるメディア

RSS


コードを書いて宇宙飛行士を応援——Raspberry Pi財団が「Astro Pi Mission Zero」の参加者を募集中

Raspberry Pi財団は、「European Astro Pi Challenge 2021/22」のミッションの1つ「Astro Pi Mission Zero」の参加者を募集している。ESA(欧州宇宙機関)参加国である欧州22カ国に加え、カナダ、スロベニア、ラトビア、リトアニア、マルタの19歳以下の若者たちが対象で、無料で参加できる。

photo

European Astro Pi Challengeは、Raspberry Pi財団とESAが共同実施する教育プログラム。Astro Pi Mission Zeroの参加者は、ISS(国際宇宙ステーション)内の湿度をセンサーで読み取り、その測定結果と短いメッセージをLEDスクリーンに表示するプログラムを作成して提出する。メッセージの内容は、宇宙飛行士たちの応援やジョークなど自由で、また、ピクセルアートイメージをデザインし表示させることも可能だ。

photo

Mission Zeroには、インターネット環境とウェブブラウザーがあればどこからでも簡単にオンラインで参加できる。親や教師など管理者がメンターとしてサインアップして、欧州19言語対応のステップバイステップインストラクションに従って進むだけで、Mission Zero用のコーディングが可能。プログラミングの経験がなくても、およそ1時間で完成できるとしている。

photo

Mission Zeroの募集期間は、2022年3月18日までとなっている。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 組み立てて動かせる──ステンレス製組み立てキット「Metal Time」(4種類)
  2. 米海軍、強襲揚陸艦「エセックス」上で金属3Dプリンター導入実証実施
  3. 5kgのボウリング球で巨大トラックボールを作ったら
  4. 第1回 ラズパイってなんですか
  5. DLP光造形3Dプリンター「RAYSHAPE」、サンステラ3Dモールで取り扱い開始
  6. ラズパイとの違いは? 初心者向けArduinoの使い方とオススメキット
  7. シアトル発スタートアップ、ガレージに置けるコンパクトな核融合炉を開発中
  8. チャンバー内温度270°——QUALUP SAS、マルチマテリアル対応高温3Dプリンター「Qu3 HT」発表
  9. 自宅の3Dプリンターでフードプリント——フード3Dプリンター用エクストルーダー「LuckyBot」
  10. とってもエコだけどまったく役に立たない新感覚の機械、作りました

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る