新しいものづくりがわかるメディア

RSS


紙を引き出すと歌声が?——音声再生トイレットペーパーホルダー「Singing Toilet」

Raspberry Pi財団は、Raspberry Pi活用事例として、トイレットペーパーを引き出すと歌声が響くトイレットペーパーホルダー「Singing Toilet」を公式ブログで紹介した。

スウェーデンのクリエーティブエージェンシーSnaskのトイレの壁には、トイレットペーパーホルダーが8つも据え付けられている。これは、スウェーデンを拠点に活動しているアーティストMax Björverud氏による作品で、紙を引き出すと、ホルダーごとに異なる聖歌風のコーラス音声が流れるインスタレーションだ。

Singing Toilet

使用したのは、Raspberry Pi Zero、Raspberry Pi用アンプモジュール「HiFiBerry AMP」、Arduino Mega、ホールセンサー、磁石だ。ペーパーホルダーに設置したホールセンサーと磁石はArduino Megaと接続していて、紙が引き出される速度を計測する。音声は、紙が引き出されている間じゅう、一定の音程で再生されるようにサンプリングされている。音声再生にはPure Dataを使用し、Raspberry Pi Zeroで実行している。

Björverud氏によれば、このプロジェクト自体はかなり単純なもので、実際に曲を演奏できるようであればやってみたいとも思うが、紙を引き出すだけでも面白いという。ただ、トイレットペーパーは必ずいつかは交換することになるため、芯棒の端に取り付ける磁石設置用3パーツを3Dプリントするには時間がかかったということだ。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 付録の真空管FMチューナーでラジオを聴けるムック本「電波受信が面白い!FMラジオの深層へ」
  2. 低電力ディスプレイを使うプロジェクトに最適——Raspberry Pi用電子ペーパーHAT「E-Paper HAT」
  3. 自作SSDで自作CPUを動かす——キオクシア「はたらくSSD」同人誌の店頭無料配布を開始
  4. コストを10分の1に——Raspberry Pi採用の簡易型地震計測システムを飛島建設が開発
  5. ラズパイでクラスタリング——Raspberry Pi 4 Compute Module対応4ノードクラスター「Turing Pi 2」
  6. 約100年前に初めて記述された乱流境界層を完全に数学的定式化——効率的なエンジンの開発や空気抵抗の最小化へ
  7. ラズパイとの違いは? 初心者向けArduinoの使い方とオススメキット
  8. 手軽に高精度スキャンができる3Dスキャナー「Revopoint POP 2」がMakuakeに登場
  9. 音声コマンドでメール送信もできるRaspberry Pi用オーディオ拡張ボード「Audio Codec HAT」
  10. FabCafe Nagoya(愛知県名古屋市)

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る