新しいものづくりがわかるメディア

RSS


ラズパイで制御、水耕栽培にも対応したガーデニングシステム「SmartGarden3」

Raspberry Piベースのガーデニング用モニタリングシステム「SmartGarden3」が、Kickstarterにて出資を募っている。

SmartGarden3は、ESP32搭載のワイヤレスエクステンダー、Bluetooth対応の土壌センサー、USB接続のポンプとライトスティックなどで構成され、最大16個の土壌センサーによって庭環境を遠隔監視/管理できる。

photo

土壌センサーは、土壌の湿度、温度、周囲光、電気伝導度を計測可能。必要な分だけ自動で水やりしてくれる。各計測値はダッシュボードにグラフ表示され、計測値がガーデニングに好ましくない場合にはメールやテキストメッセージで知らせてくれるアラーム機能も備えている。

photo

組み立て時に、はんだ付けは不要。制御に使うPython3などのソフトウェアは、すべてオープンソースとなっている。また、ワイヤレスコントロールユニットを収納するケースや、水耕栽培用配線ボックスなどを3DプリントできるようにSTLファイルを提供する。

photo

SmartGarden3には通常版に加えて、植物9株を栽培できる水耕栽培ユニットがセットになったキットも用意されている。Kickstarterでは通常版が125ドル(約1万4300円)、水耕栽培キットが295ドル(約3万3800円)で入手できるプランが用意されているが、いずれもRaspberry Piは含まれず、別途用意する必要がある。

photo

クラウドファンディングの期限は、2022年1月31日まで。目標額5000ドル(約57万2000円)は既に達成しており、2022年1月28日の時点で1万2100ドル(約138万5000円)以上の出資を集めている。リターンの発送は2022年2~4月となる予定だ。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. ラズパイで動くレトロな超小型デスクトップPCを自作
  2. 厚さはたったの11mm——世界最薄とうたうRaspberry Pi Zero搭載「ラジカセ」
  3. 特集はMicroPython——CQ出版、「Interface 2023年3月号」発売
  4. ネオンを編む!? サイバーパンクな編み物で、輝くニット帽を作ってみた
  5. 1年半で国産ドローンを量産——金沢発、群制御に特化したドローンショー用機体「unika」を生んだスタートアップの歩みと未来
  6. ハッキング手法を試行してプログラミング学習——ラズパイマイコン搭載USBデバイス「HackyPi」
  7. 自転車を30秒で電動化する、E-bikeコンバージョンキット「LIVALL PikaBoost」
  8. ラズパイとAndroidでオシロスコープを——Raspberry Pi Picoオシロスコープ向けアナログ基板「PLU2212-DSO」発売
  9. Simplify3D、3Dプリンター用ソフトウェアの最新版「Simplify3D V5」をリリース
  10. 地球上で最も強靭な「高エントロピー合金」を発見

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る