新しいものづくりがわかるメディア

RSS


ラズベリーパイ財団、64ビット版「Raspberry Pi OS」を正式リリース

ラズベリーパイ財団は2022年2月2日、64ビット版「Raspberry Pi OS」におけるβテストを終了し、あらためて正式版をリリースした。

Raspberry Pi OSは、Raspberry Pi向けに提供されているOSだ。かつての名称は「Raspbian」だったが、2020年5月28日に同財団からRaspberry Pi OSに改称する旨が発表された。

Raspberry PiはコアプロセッサーとしてARMを使用している。64ビットに対応した「AArch64」などを含むARMのアーキテクチャー「ARMv8-A」は、2016年に発表された「Raspberry Pi 3」で初めてRaspberry Pi製品に導入された。しかし、Raspberry Piはモデルごとに採用されているARMコアやポートが異なるため、デバイス間の互換性の問題から、「arm6hf」による32ビット版OSを採用し続けていた。arm6hfは、前アーキテクチャーにあたる「ARMv7」のみの命令を削除し、浮動小数点演算命令を保持したもの。

Raspberry Piのモデルごとで採用してきた、ARMコアやポートなどの比較 Raspberry Piのモデルごとで採用してきた、ARMコアやポートなどの比較

多くのクローズドソースアプリケーションはarm64にしか対応しておらず、オープンソースのアプリケーションはarmhfポートに対して最適化されていないという課題がある。

また、上記の64ビット対応ボードで32ビット版のOSを使用した場合、扱えるメモリ量は3GBまでに制限されていた。論理的に4GBを超えるメモリにアクセスできず、うち1GBは仮想アドレス空間のカーネル用に確保されるためである。

それ以外にも、同財団はARMのA64命令セット固有の性能上の利点やアプリケーションの性能を、64ビット版OSの正式導入に至る理由として挙げている。

なお、64ビット版OSのデフォルトでインストールされるChromiumには、WidevineCDMライブラリが含まれておらず、一部のストリーミングメディアが再生できないことに注意が必要だ。

64ビット版OSのインストールイメージは財団のWebページからダウンロード可能で、コマンドラインから32ビット版OSをインストールする方法についても解説している。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 厚さわずか15μm——MIT、超軽量かつ高強度な布製太陽電池を開発
  2. ラズパイでフライトトラッカーを作ってみよう——Flightrader24を利用して航空機を追跡
  3. 人体内で発電するカプセル型微生物燃料電池を開発
  4. C言語でPICマイコンを使う——技術評論社、「改訂新版 8ピンPICマイコンの使い方がよくわかる本」発刊
  5. 厚さはたったの11mm——世界最薄とうたうRaspberry Pi Zero搭載「ラジカセ」
  6. 第1回 ラズパイってなんですか
  7. 造形速度が5倍速に——「Hyper FFF Raise3D Pro3シリーズ 高速化アップグレードキット」発売
  8. 人間と同レベルでプログラミングができるAI「AlphaCode」、DeepMindが開発
  9. ラズパイとの違いは? 初心者向けArduinoの使い方とオススメキット
  10. Formlabs、3Dプリント自動化製品「Form Auto」を2023年4月に出荷開始

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る