新しいものづくりがわかるメディア

RSS


セイコーエプソン、日本総研、G's ACADEMYによるオンラインハッカソン「HackTrek 2022」開催

G's ACADEMYは、セイコーエプソン、日本総合研究所と共同で、オンラインで参加できるハッカソン「HackTrek 2022」を開催する。

HackTrek 2022は今年で3回目の開催となるハッカソンで、今回のテーマは「スマートホーム:スマートな暮らしを加速せよ」。

プロダクトの条件として、参加チームはEpson Connect APIを利用する。インターネットやクラウドなどのサイバー空間の情報をプリンターやスキャナーなどのエプソン製品やサービスとシームレスに接続し、家(ホーム)と外の人や社会とつながる暮らしのサービス創出にチャレンジする。

優勝チームには10万円、準優勝チームには5万円が賞金として贈呈される。また優秀チームには賞品が贈られ、プロダクトの市場導入を共に目指す。

審査基準は以下の4点だ。

  1. 「スマートな暮らし」につながるプロダクトであるか
  2. 実証実験や市場導入を見据えたアイデアが描けているか
  3. ユーザー体験が優れているか
  4. オリジナリティがあるか

開催日程は、2022年3月5日(オリエンテーションデイ)/3月13日(デモデイ)の全2回となる。参加費は無料で、オンライン(Zoom)で開催される。

今回は初の試みとして、オリエンテーションデイとデモデイの間に、プロダクトのコンセプトや社会実装の検討、Hackなどに充てるための1週間程度のインターバルを用意している。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 3色表示可能な電子ペーパーを搭載したArduino互換ボード「Inkplate 2」
  2. MITの学生チーム、金属3Dプリンティング用金型鋼材料を開発——Teslaギガファクトリーの金型製造も
  3. 10インチ8KモノクロLCD搭載——Anycubic、DLP方式3Dプリンター「Photon M3 Premium」発表
  4. Snapmaker、独立型デュアルエクストルーダー搭載3Dプリンター「J1」の先行予約開始
  5. 液晶が丸くなるだけで面白い、ダイヤル式デジタル万華鏡を作る
  6. 医療用検査機器開発にRaspberry Piを採用——信頼できる産業用開発プラットフォームと評価
  7. 第1回 ラズパイってなんですか
  8. 1秒当たり250mmでの高速印刷が可能な3Dプリンター「Guider3」販売開始
  9. 木製品を製造できる、環境に優しい植物由来の3Dプリンター用インクを開発
  10. Liqcreate、柔軟性と高弾性を追求した光造形3Dプリンター用レジン「Elastomer-X」を発表

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る