新しいものづくりがわかるメディア

RSS


実物の12倍——実際に動く巨大Raspberry Pi 3を製作してみた

Raspberry Pi財団は、YouTubeチャンネル「byte sized engineering」のZach Hipps氏が製作した通常サイズの12倍となる巨大なRaspberry Pi 3を公式ブログで紹介した。

Zach氏は、まず3D CAD「Fusion 360」でRaspberry Pi 3を3Dモデル化し、全ての部品を12倍のサイズで3Dプリントした。全てをプリントするのに150時間以上を要し、5kg以上のPLAフィラメントを使用したという。

各部品を実装するプリント基板(PCB)は合板で作成し、実機の寸法を基に、マスキングテープを使った塗装で回路を再現した。PCB上のロゴや文字は、ステンシルで転写。基板に貼り付けたテープをレーザーカッターでくり抜き、文字部を白いペンキで塗りつぶして描いている。

3DプリントしたUSBとHDMIポートは実物と同じクロムメッキのように塗装し、その他の部品と共にPCB上にねじで止めた。40ピンのGPIOは、ドリルで開けた40の穴に金属チューブを挿入して再現している。

仕上げとして、実物のRaspberry Pi 3をPCBの裏側に取り付け、実物のGPIOと巨大GPIOをケーブルで接続し、USB、イーサネット、HDMIポートもケーブルで接続。実際に動作する12倍サイズのRaspberry Pi 3が完成した。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. ラズパイオシロを自作しよう——Raspberry Pi Pico用オシロスコープ基板DIYキット「PL2302KIT」
  2. リチウムイオン電池より4倍高いエネルギー密度のリチウム空気電池を開発
  3. 航続距離1000kmのeVTOL「Vertiia」が初の飛行試験に成功
  4. FFF方式3Dプリンターを高速化——「Creality SONIC PAD」発売
  5. 基板のパターンが109キーボードの配列──はんだ付けだけで自由にキーボードを自作できる「FLINT キーボードを作ろうぜ!キット2」
  6. スペクトラム・テクノロジーがRaspberry Piを使いWi-Fi 6Eに対応した「WiFiプロトコル・アナライザ V2」を販売開始
  7. 土日で完成! 趣味のラズパイ BME680の測定データを小型ディスプレイに表示させる
  8. 電子工作初心者向け「ゼロからよくわかる! Arduinoで電子工作入門ガイド 改訂2版」発刊
  9. 手回し式靴下編み機を作って靴下を編んでみた
  10. 無線LAN対応ラズパイPico——スイッチサイエンス、技適取得済みの「Raspberry Pi Pico W」発売

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る