新しいものづくりがわかるメディア

RSS


まるでSFシューティングゲームの武器——ガウスライフル「GR-1 Anvil」が予約受付中

近未来的な武器を開発するアメリカのスタートアップArcflash Labsは、セミオートマチックの高電圧ガウスライフル「GR-1 Anvil」の予約販売を開始した。

ガウスライフルとは、電気回路で発生させた電磁気力で投射物を加速させて撃ち出す装置で、コイルを使用するものは「コイルガン」とも呼ばれる。同じく電磁力を使って投射物を発射する装置に「レールガン」がある。レールガンが、2本のレールとなる電極棒に金属片を乗せて電気回路を構成し、電流を流して撃ち出す仕組みであるのに対し、コイルガンは直列に配置された複数のコイルの内部を通過する金属片を、各コイルで順に加速して撃ち出すというものだ。

電源はリチウムポリマー充電池で、8個の高圧電解コンデンサーとデュアルクランプ型疑似共振インバーターを使用し、最大毎分100発の頻度で射出できるという。弾体には、直径10~12mmの強磁性体を使い、秒速最大75mで発射する。発射直後の弾体がもつ運動エネルギー(マズルエネルギー)は、最大で100Jに達する。10発の弾体が入る弾倉を備え、独自の可変マガジンシステムにより、3種類の長さの弾丸(32mm、42mm、52mm)を装填できる。

バッテリー、弾丸を除く本体重量は20ポンド(約9キロ)と決して軽くはないが、携帯可能なサイズを実現しており、同社は「おそらくこれまでに開発された携帯用コイルガンとして最強だろう」と述べている。GR-1 Anvil本体の販売価格は3750ドルで、同社のサイトでは10%オフの3375ドルで予約受付中。アメリカ国外へは販売していない。

なお、火薬を使わないため装薬銃ではないが、100Jのマズルエネルギーは小火器に近いレベルであり、日本国内では法律による規制の対象になると思われる。

fabcross for エンジニアより転載)

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 小型バーコードスキャナーを作れるRaspberry Pi用拡張ボード「Zero Barcode HAT」
  2. 電源不要! ソーラーIoTデバイスを3万円台で作ってみた
  3. スイッチサイエンスが「Raspberry Pi Pico」新製品を販売開始
  4. ELEGOO、10インチ8KモノクロLCD搭載3Dプリンター「Saturn 2 8K」の先行予約を開始
  5. 独自のアルゴリズムで不可能を可能に——3Dプリントでエアロスパイクロケットの実用化を目指す
  6. ペットボトルを1週間で分解——プラごみの環境問題を解決するプラスチック分解酵素を発見
  7. 荒れた海でも水面近くを飛行できる——米軍の新型水上機「Liberty Lifter」
  8. 趣味から仕事まで使える!Raspberry Pi(ラズパイ)の使い方とオススメキット
  9. 品質を維持したまま造形速度を2倍に——ミシガン大学発、3Dプリンター用ソフトウェア「FBS」
  10. 無電源で現場を監視——広角レンズ搭載のIoT自動撮影カメラ「ハイクカム LS4G」

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る