新しいものづくりがわかるメディア

RSS


マインクラフト内にRISC型CPUを構築——バーチャル世界にテトリスなどのゲームを作れる

sammyuri/YouTube

マインクラフトのプレイヤーSammyuri氏が2021年11月14日、自身のYouTubeチャンネルにて、マインクラフト内に7カ月がかりで構築したRISC型CPUについての説明動画を公開した。

このCPUの名称は、「Computation Humongous Unconventional Number and Graphics Unit by Sammyuri 2(Chungus 2)」。16ビットRISC型CPUで、4段の命令パイプライン(フェッチ、デコード、実行、格納)があり、クロック周波数が1Hz、RAMが256バイト、命令キャッシュが128バイトとなる。その他、レジスタや命令セットなどの仕様も動画内で説明されており、プレイヤーはChungus 2を使ってプログラムを実行できる。

外部メモリも活用でき、Atari 2600と同等の4 KiB(キビバイト)にまで対応。複雑なプログラムの実行には外部のアセンブラを利用する。

Chungus 2でプログラムしたテトリスなどのゲームや、グラフのレンダリングなどの様子も紹介されている。Chungus 2の詳細は、マインクラフトサーバーのmc.openredstone.orgに公開されている。

fabcross for エンジニアより転載)

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. ラズパイでフライトトラッカーを作ってみよう——Flightrader24を利用して航空機を追跡
  2. 厚さわずか15μm——MIT、超軽量かつ高強度な布製太陽電池を開発
  3. 人体内で発電するカプセル型微生物燃料電池を開発
  4. 厚さはたったの11mm——世界最薄とうたうRaspberry Pi Zero搭載「ラジカセ」
  5. C言語でPICマイコンを使う——技術評論社、「改訂新版 8ピンPICマイコンの使い方がよくわかる本」発刊
  6. 第1回 ラズパイってなんですか
  7. 造形速度が5倍速に——「Hyper FFF Raise3D Pro3シリーズ 高速化アップグレードキット」発売
  8. ラズパイとの違いは? 初心者向けArduinoの使い方とオススメキット
  9. カスタムパーツやゲームキャラを自宅の3Dプリンターで——Prusa Research、さまざまなブランドと提携し3Dファイルを公開
  10. Formlabs、3Dプリント自動化製品「Form Auto」を2023年4月に出荷開始

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る