新しいものづくりがわかるメディア

RSS


アスラテックのロボット制御システム「V-Sido」、川崎重工業の四脚ロボット「RHP Bex」に採用

「RHP Bex」の外観:(左)歩行モード、(右)車輪走行モード

アスラテックのロボット制御システム「V-Sido」が、川崎重工業が開発中の四脚ロボット「RHP Bex」に採用された。

RHP Bexは、100kgの積載能力を持ち、人が搭乗して操作することもできる四脚ロボットだ。路面などの状態によって脚による歩行モードと車輪移動モードの使い分けができるのが特徴だ。

今回、同ロボットの歩行動作生成向けにV-Sidoが採用された。V-Sidoは、リアルタイムでロボットを動作制御できるシステムだ。突然の衝撃や不安定な足場でも倒れにくいという特徴を持つ。また、形状や大きさ、アクチュエーターの種類にかかわらずさまざまなタイプのロボットに適用できる。

RHP Bexでは、V-Sidoが人からの操作指示とロボットのジャイロセンサーなどからの情報に基づいて歩行動作を生成。応用として屈伸などの全身動作も生成する。

RHP Bexは、東京ビッグサイトで2022年3月9~12日の期間で開催中の「2022国際ロボット展」(川崎重工業ブース)で初公開している。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. ラズパイでフライトトラッカーを作ってみよう——Flightrader24を利用して航空機を追跡
  2. 厚さわずか15μm——MIT、超軽量かつ高強度な布製太陽電池を開発
  3. 人体内で発電するカプセル型微生物燃料電池を開発
  4. 厚さはたったの11mm——世界最薄とうたうRaspberry Pi Zero搭載「ラジカセ」
  5. C言語でPICマイコンを使う——技術評論社、「改訂新版 8ピンPICマイコンの使い方がよくわかる本」発刊
  6. 第1回 ラズパイってなんですか
  7. 造形速度が5倍速に——「Hyper FFF Raise3D Pro3シリーズ 高速化アップグレードキット」発売
  8. ラズパイとの違いは? 初心者向けArduinoの使い方とオススメキット
  9. カスタムパーツやゲームキャラを自宅の3Dプリンターで——Prusa Research、さまざまなブランドと提携し3Dファイルを公開
  10. Formlabs、3Dプリント自動化製品「Form Auto」を2023年4月に出荷開始

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る