新しいものづくりがわかるメディア

RSS


前澤ファンド、「LOVOT」を開発するGROOVE Xの株式過半数を取得

前澤ファンドは、家族型ロボット「LOVOT」を手掛けるロボットベンチャーGROOVE X株式の過半数を取得し、ロボット事業に参入すると発表した。

photo

GROOVE Xは、名前を呼ぶと近づいてきて見つめてきたり、抱っこをねだったりする家族型ロボット「LOVOT」を開発、提供している。今後事業をさらに強く推進させることでより多くの人にLOVOTを知ってもらい、グローバルでも飛躍させたいという思いから、前澤ファンドの出資を受け入れた。同ファンド代表の前澤友作氏は、「このような時代だからこそ、人をほっこり幸せにさせてくれる存在に、大きな可能性を感じている」と述べている。

なお、GROOVE X代表取締役社長の林要氏は現職を継続し、前澤氏と共にLOVOT事業を推進する。前澤ファンドは、2022年4月5日までにGROOVE Xの全株式を取得する予定だ。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. cmレベルの高精度RTK-GPS測位ができる拡張ボード「GPS-RTK HAT for Raspberry Pi」
  2. 放射性中性子を排出しないクリーンな核融合——コンパクトで高効率な水素-ボロン核融合炉を計画
  3. ラズパイとLTEを搭載——防塵防水55インチ4Kモニター発表
  4. 発がん性物質などを含まない、光造形3Dプリンター用レジン「エキマテ」改良版が発売
  5. ラズパイやJetson Nanoを最大8個搭載可能なクラスターケース
  6. DINレール対応ラズパイケース——Raspberry Pi 4B用アルミケース発売
  7. ラズパイとの違いは? 初心者向けArduinoの使い方とオススメキット
  8. 第1回 ラズパイってなんですか
  9. カットもできる、10万円以下の組み立て式レーザーカッターLazervidaを使ってみた
  10. ラズパイにハードウェアクロックを——「Raspberry Pi 400用 RTCモジュール」

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る