新しいものづくりがわかるメディア

RSS


まるでUMAの足跡——機能性と快適性を両立した3Dプリントシューズ「The Cryptide」

ドイツ人のデザイナーで建築家のStephan Henrich氏は、3Dプリントシューズ「The Cryptide」を製作した。謎の未確認動物(Criptid)の足とも思える特異な形状から、Cryptideと名付けている。

photo

The Cryptideは、SintratecのSLS方式3Dプリンター「S2」向けに最適化したデザインを採用し、材料はラバーライクなTPE(熱可塑性エラストマー)だけを使用している。強度が必要な部分は厚くするなど、フレキシブルでソフトなTPEの特性を巧みに調節することで、エルゴノミクスに基づく機能性と快適性を両立している。

photo

The Cryptideの靴底は、空洞をふんだんに取り入れた中空ソールで、さらに裏側はワニのウロコのようなデザインとなっており、クッション性とグリップ性はかなり高そうだ。ソールと一体になったメッシュ状のアッパーは、靴下のような履き心地だという。

photo

Henrich氏は、「TPEは、シューズ作りに最適な素材だ。The Cryptideを履いて歩くと、ビッグフットやサスカッチみたいな足跡が残る」と話している。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 電源不要! ソーラーIoTデバイスを3万円台で作ってみた
  2. 小型バーコードスキャナーを作れるRaspberry Pi用拡張ボード「Zero Barcode HAT」
  3. 独自のアルゴリズムで不可能を可能に——3Dプリントでエアロスパイクロケットの実用化を目指す
  4. スイッチサイエンスが「Raspberry Pi Pico」新製品を販売開始
  5. ペットボトルを1週間で分解——プラごみの環境問題を解決するプラスチック分解酵素を発見
  6. ELEGOO、10インチ8KモノクロLCD搭載3Dプリンター「Saturn 2 8K」の先行予約を開始
  7. 3Dプリンター製液体ロケットエンジン「E-2」が試験燃焼でフル推力を達成
  8. 趣味から仕事まで使える!Raspberry Pi(ラズパイ)の使い方とオススメキット
  9. 品質を維持したまま造形速度を2倍に——ミシガン大学発、3Dプリンター用ソフトウェア「FBS」
  10. 電気を使わずビニールテープ製フライホイールで動く8脚ロボット、発進!

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る