新しいものづくりがわかるメディア

RSS


イフティニー、micro:bitの新しいバージョンV2.2の提供を開始

micro:bit V2.21

イフティニー(iftiny)は、micro:bitの新しいバージョンV2.2の提供を開始した。

2020年にマイクやスピーカーなどの新機能を備えたmicro:bit V2が発表されたが、世界的な半導体不足により、増える需要に対して供給できない状況が続いている。一部の半導体チップを変更し、生産状況の改善を図るため、V2.2にバージョンアップし、日本国内においては、技術基準適合証明(技適)を受けたV2.21の販売を開始した。

変更箇所は、USB通信などで利用するインターフェースプロセッサーの変更、背面に新しいバージョン(V2.21)の表記、V2.2専用のファームウェアなどで、利用方法、機能、動作に変更はないという。

micro:bitのV1、V2.0、V2.2はそれぞれ異なるファームウェアを利用するため、ファームウェア更新には注意が必要だ。詳細は、本記事末の関連情報に掲載した、更新方法に関するページをご覧いただきたい。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. cmレベルの高精度RTK-GPS測位ができる拡張ボード「GPS-RTK HAT for Raspberry Pi」
  2. 放射性中性子を排出しないクリーンな核融合——コンパクトで高効率な水素-ボロン核融合炉を計画
  3. ラズパイとLTEを搭載——防塵防水55インチ4Kモニター発表
  4. 発がん性物質などを含まない、光造形3Dプリンター用レジン「エキマテ」改良版が発売
  5. カットもできる、10万円以下の組み立て式レーザーカッターLazervidaを使ってみた
  6. ラズパイにハードウェアクロックを——「Raspberry Pi 400用 RTCモジュール」
  7. 第1回 ラズパイってなんですか
  8. ラズパイとの違いは? 初心者向けArduinoの使い方とオススメキット
  9. ラズパイでRFIDを使う——UHF帯RFID拡張ボード「UHF RFID」シリーズ
  10. ラズパイやJetson Nanoを最大8個搭載可能なクラスターケース

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る