新しいものづくりがわかるメディア

RSS


イギリスのスタートアップ、背後に回った人物などを「透明」にするシールドを開発

イギリスのスタートアップInvisibility Shield Co.は、背後に隠れると人間などの対象物のみが透明になるシールド「Invisibility Shield」を開発し、クラウドファンディングサイトKickstarterで支援金を募っている。

Invisibility Shieldには、大きさ310×210mmのコンパクトサイズと、950×650mmのフルサイズがあり、フルサイズのみ奥行き250mmの側面が付いている。重さは9ポンド(約4kg)以下と軽量化しており、電力を必要としないため持ち運び可能だ。

Invisibility Shieldの背後に対象となる人が立つと、Invisibility Shieldの前面で見ている人には対象の人が立っていない状態の背景しか見えない。これは、対象となる人から反射される光を、見ている人の左右にそらすように複数のレンズを精密に配列しているためだ。Invisibility Shieldに使用されているレンズアレイは、ポリマーを押出加工後にエンボス加工し、細長い凸レンズを並列に並べたシート状に成型して作られている。

Invisibility Shieldのキャンペーン価格は、コンパクトサイズが49ポンド(約8000円)、フルサイズは299ポンド(約4万8000円)で、出荷は2022年12月の予定だ。

Invisibility Shieldの組み立ては10分で可能だ。同社は既にInvisibility Shield25枚を作製済みで、「空想科学を現実にし、誰でも利用できるようにするために協力してほしい」と支援を呼び掛けている。

fabcross for エンジニアより転載)

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 8mmフィルムカメラをRaspberry Piで復活——デジタルカートリッジ「Super 8 Camera Digital Conversion」
  2. まるで車輪付きの2階建てビル——世界最大の「Hummer H1」がUAEの博物館に収蔵
  3. 目を閉じても見える——網膜にARを投影するスマートコンタクトレンズを開発
  4. リニア式電源、ラズパイ対応の高音質ミュージックサーバー「MS-100」を発売
  5. タイピングした文字を手書きしてくれるロボット「PlottyBot」——Raspberry Piで製作
  6. ラズパイとの違いは? 初心者向けArduinoの使い方とオススメキット
  7. ラズパイで放射線量を記録——ソーラーパネル搭載のガイガーカウンターDIYキット「RadSense」
  8. Raspberry PiによるPCデータレコーダーのエミュレータ「Raspberry Pi用ピーガーMODEM 【初回版】」発売
  9. 理科の授業に必要な計測/制御などを1台で——USBを挿すだけで使える道具箱「AkaDako STEAM BOX プロトタイプ」
  10. フィルムカメラをデジタル化——Raspberry Piを使った「Digital Film Cartridge for Analog Cameras」

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る