新しいものづくりがわかるメディア

RSS


micro:bitでしゃくとり虫ロボットを作る、「bitPak:しゃくとり虫用パーツセット」発売

スイッチエデュケーションが、micro:bitを使ってしゃくとり虫型ロボットを製作する「bitPak:しゃくとり虫用パーツセット」を発売した。

同パーツセットは、サーボモーターおよびロボット製作に必要なパーツを同梱。micro:bitでサーボモーターの動きをプログラミングすることで、伸び縮みしながら歩行するしゃくとり虫の動きを再現する。

製作には本パーツセットの他に、micro:bit本体とワークショップモジュールが必要になる。またプログラミングにはPCかタブレットが必要だ。価格は2497円(税込)。

外装用の板紙はパーツセットに1セット同梱しているが、さまざまなデコレーションや見た目の変化を楽しみたい人向けに、外装用板紙のみ3組セットにした「しゃくとり虫用板紙セット」も販売している。価格は550円(税込)。

上記のしゃくとり虫ロボットの製作パーツは、スイッチサイエンスのオンラインショップで販売中だ。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. cmレベルの高精度RTK-GPS測位ができる拡張ボード「GPS-RTK HAT for Raspberry Pi」
  2. 放射性中性子を排出しないクリーンな核融合——コンパクトで高効率な水素-ボロン核融合炉を計画
  3. ラズパイとLTEを搭載——防塵防水55インチ4Kモニター発表
  4. 発がん性物質などを含まない、光造形3Dプリンター用レジン「エキマテ」改良版が発売
  5. カットもできる、10万円以下の組み立て式レーザーカッターLazervidaを使ってみた
  6. ラズパイにハードウェアクロックを——「Raspberry Pi 400用 RTCモジュール」
  7. 第1回 ラズパイってなんですか
  8. ラズパイとの違いは? 初心者向けArduinoの使い方とオススメキット
  9. ラズパイでRFIDを使う——UHF帯RFID拡張ボード「UHF RFID」シリーズ
  10. ラズパイやJetson Nanoを最大8個搭載可能なクラスターケース

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る