新しいものづくりがわかるメディア

RSS


子どもの成長を簡単に記録——レーザー測定器/スマートスケール「Kiko」

レーザー身長測定デバイス/スマートスケール「Kiko」がKickstarterに登場し、わずか3時間で目標額の調達に成功している。多様なレーザー測定デバイスを開発する、韓国のMagpie Techによるプロジェクトだ。

photo

Kikoは、自宅で簡単に子どもの身長や体重、各種体組成を測定し、アプリに成長記録を簡単に残せるデバイス。明確な基準に基づき高精度に測定することで、肥満や発育不全といった健康に関する心配事も管理できる。

photo

Kikoのレーザー測定器は、子どもの頭に乗せてボタンを押すだけで正確な身長を測定できる。初期設定として、測定場所の床にデバイスを置き、床から天井までの高さを測る。その高さから、頭頂部から天井の距離を引くことで身長を計測する仕組みだ。

photo

レーザーを照射して瞬時に測定できるため、じっとするのが苦手な子でも楽に測定できる。独自の測定技術を搭載したシステムにより、誤差1.5mmの高精度な測定が可能だという。形状はエッジを丸くした中空三角形で、子どもが自分で握って頭に乗せやすくなっている。

photo

スマートスケールは、子どもの足のサイズに合わせたエルゴノミクスデザインを採用。体重に加えて4つの電極を使って、BMI、体脂肪率、筋肉量、体水分率、プロテイン、内臓脂肪、代謝量、骨量などの体組成が測定できる。

photo

デバイスはスマートフォンとBluetoothで接続でき、測定データはアプリに自動で保存される。データを基に成長や健康状態の詳しい解説をしてくれるので、子どもにとって必要な運動や栄養を把握できる。また、測定時の写真も、成長の記録として残すこともできる。

photo
photo

Kikoの予定小売価格は199ドル(約2万6000円)で、今なら数量限定の早割価格139ドル(約1万8000円)で入手できる。2022年9月の出荷を予定しており、日本への送料はキャンペーン終了時に決定する。クラウドファンディングを2022年5月31日まで実施し、5月10日時点で、1万ドル(約130万円)の目標額を大きく上回る約4万7000ドル(約620万円)を集めている。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 伝説の名機を小型化して技術情報公開を目指すオープンソースシンセサイザー「Profree-4」
  2. 一畳半からの製造販売——フィラメント職人Nature3Dの生存戦略
  3. イグアス、「3Dプリンター向け 仕上げ加工ツール」のオンライン販売開始
  4. ラズパイとの違いは? 初心者向けArduinoの使い方とオススメキット
  5. キースイッチを完全自作——3Dプリンターで作るメカニカルキースイッチ「Void Switch」
  6. SHINING 3D、青色レーザーハンディー3Dスキャナー「FreeScan UE Pro」を発表
  7. 6時間以上、最長900km飛行可能な油圧駆動式の重量物運搬ドローン「Flowcopter」
  8. 第1回 ラズパイってなんですか
  9. 第4回 ラズパイを使う準備って何をしたらいいですか
  10. ガラスやアクリルのような透明感を表現——3Dプリンター用クリアインク「MH-110PCL」

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る