新しいものづくりがわかるメディア

RSS


ヴイストン、台車ロボット向けに「ROS PC(UM350)オプション」発売

ヴイストンが、研究開発用台車ロボット向けROS PCオプションの新モデル「ROS PC(UM350)オプション」を発売する。

ROS PCオプションは、同社の研究開発用台車ロボットのオプションとして、ROSを実行する推奨環境をセットアップして提供している。今回のモデルは従来モデル「ROS PC(UM340)」の後継機となる。

最新モデルではハードウェア性能を向上。UbuntuバージョンおよびROSディストリビューションの更新を実施した。ベース筐体は「MINISFORUM UM350」を採用。CPUは「AMD Ryzen 5 3550H」を搭載している。RAMは16GBでストレージはM.2 SSD 256GB。OSはUbuntu20.04 (64bit)でROSはROS Noeticとなる。

価格は25万3000円(税込)で、同社研究開発用台車ロボットに搭載する場合には、別途拡張機器用電源基板「VS-WRC054」が必要になる。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. cmレベルの高精度RTK-GPS測位ができる拡張ボード「GPS-RTK HAT for Raspberry Pi」
  2. 放射性中性子を排出しないクリーンな核融合——コンパクトで高効率な水素-ボロン核融合炉を計画
  3. ラズパイとLTEを搭載——防塵防水55インチ4Kモニター発表
  4. 発がん性物質などを含まない、光造形3Dプリンター用レジン「エキマテ」改良版が発売
  5. ラズパイやJetson Nanoを最大8個搭載可能なクラスターケース
  6. DINレール対応ラズパイケース——Raspberry Pi 4B用アルミケース発売
  7. ラズパイとの違いは? 初心者向けArduinoの使い方とオススメキット
  8. 第1回 ラズパイってなんですか
  9. カットもできる、10万円以下の組み立て式レーザーカッターLazervidaを使ってみた
  10. ラズパイにハードウェアクロックを——「Raspberry Pi 400用 RTCモジュール」

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る