新しいものづくりがわかるメディア

RSS


暗くなったらランダムにLEDが点滅——常夜灯内蔵の乳児向けクッション枕を自作

Raspberry Pi公式ブログが、周囲が暗くなると青色LEDや白色LEDが自動的に柔らかく点滅し明るくなると消灯する自作の常夜灯内蔵クッション枕を紹介している。

このクッション枕を自作したAmanda Haughs氏は、米カリフォルニア州シリコンバレーの学校でコンピューターサイエンスなどを教えており、過去にもRaspberry Pi内蔵の光る自作トートバッグを自身のブログで紹介している。

今回Raspberry Pi Picoを使って制作してみようと思うきっかけになったのは、当時、生後2カ月半だったHaughs氏の息子だ。ある日、夕暮れになると暗くなった車内で息子がぐずり始めたが、車の室内灯が点灯するとやっと落ち着いてぐずらなくなった。それを見たHaughs氏は、チャイルドシート用に柔らかい素材でできた常夜灯を作ってみることにした。

Raspberry Pi Pico plushy nightlight pillow for babies

使用したのは、Raspberry Pi Pico、LED、フォトレジスターなどだ。Raspberry Pi Picoを使うのは初めてだったので、Raspberry Pi公式サイトなどを参考にして、Lチカから始めたという。最終的に、フォトレジスターで周囲の光量を検出し、暗くなると周囲の明るさに応じてPWM制御のLED5個がランダムに点灯や消灯をするようにプログラミングした。

Raspberry Pi Pico plushy nightlight pillow for babies
Raspberry Pi Pico plushy nightlight pillow for babies

次に、枕の中にポリエステル線維を綿状に加工したポリエステル綿を詰め、その中に電子部品を埋め込むのだが、コストを抑えるために導電性の糸などは使わず、直接LEDを枕に縫い付けた。後からマイコンにアクセスしやすくするため、マジックテープでカバーを開閉できるようにしている。その他に、電源ケーブルを通すためのボタンホールやバッテリーパック用の収納ポケットを設けるなど、随所に工夫を凝らした。

Raspberry Pi Pico plushy nightlight pillow for babies
Raspberry Pi Pico plushy nightlight pillow for babies

出来上がった常夜灯内蔵クッション枕は、ベビーカーやチャイルドシートに乗せるにはちょうどよい大きさで、日が沈んだ時に心地よい光の効果を演出するという。今後はストラップを付けたり、バッテリーパックをより小さいものに変更したりするかもしれないとのことだ。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. ラズパイで動くレトロな超小型デスクトップPCを自作
  2. 厚さはたったの11mm——世界最薄とうたうRaspberry Pi Zero搭載「ラジカセ」
  3. 特集はMicroPython——CQ出版、「Interface 2023年3月号」発売
  4. ネオンを編む!? サイバーパンクな編み物で、輝くニット帽を作ってみた
  5. 1年半で国産ドローンを量産——金沢発、群制御に特化したドローンショー用機体「unika」を生んだスタートアップの歩みと未来
  6. ハッキング手法を試行してプログラミング学習——ラズパイマイコン搭載USBデバイス「HackyPi」
  7. 自転車を30秒で電動化する、E-bikeコンバージョンキット「LIVALL PikaBoost」
  8. ラズパイとAndroidでオシロスコープを——Raspberry Pi Picoオシロスコープ向けアナログ基板「PLU2212-DSO」発売
  9. Simplify3D、3Dプリンター用ソフトウェアの最新版「Simplify3D V5」をリリース
  10. 地球上で最も強靭な「高エントロピー合金」を発見

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る