新しいものづくりがわかるメディア

RSS


暗くなったらランダムにLEDが点滅——常夜灯内蔵の乳児向けクッション枕を自作

Raspberry Pi公式ブログが、周囲が暗くなると青色LEDや白色LEDが自動的に柔らかく点滅し明るくなると消灯する自作の常夜灯内蔵クッション枕を紹介している。

このクッション枕を自作したAmanda Haughs氏は、米カリフォルニア州シリコンバレーの学校でコンピューターサイエンスなどを教えており、過去にもRaspberry Pi内蔵の光る自作トートバッグを自身のブログで紹介している。

今回Raspberry Pi Picoを使って制作してみようと思うきっかけになったのは、当時、生後2カ月半だったHaughs氏の息子だ。ある日、夕暮れになると暗くなった車内で息子がぐずり始めたが、車の室内灯が点灯するとやっと落ち着いてぐずらなくなった。それを見たHaughs氏は、チャイルドシート用に柔らかい素材でできた常夜灯を作ってみることにした。

Raspberry Pi Pico plushy nightlight pillow for babies

使用したのは、Raspberry Pi Pico、LED、フォトレジスターなどだ。Raspberry Pi Picoを使うのは初めてだったので、Raspberry Pi公式サイトなどを参考にして、Lチカから始めたという。最終的に、フォトレジスターで周囲の光量を検出し、暗くなると周囲の明るさに応じてPWM制御のLED5個がランダムに点灯や消灯をするようにプログラミングした。

Raspberry Pi Pico plushy nightlight pillow for babies
Raspberry Pi Pico plushy nightlight pillow for babies

次に、枕の中にポリエステル線維を綿状に加工したポリエステル綿を詰め、その中に電子部品を埋め込むのだが、コストを抑えるために導電性の糸などは使わず、直接LEDを枕に縫い付けた。後からマイコンにアクセスしやすくするため、マジックテープでカバーを開閉できるようにしている。その他に、電源ケーブルを通すためのボタンホールやバッテリーパック用の収納ポケットを設けるなど、随所に工夫を凝らした。

Raspberry Pi Pico plushy nightlight pillow for babies
Raspberry Pi Pico plushy nightlight pillow for babies

出来上がった常夜灯内蔵クッション枕は、ベビーカーやチャイルドシートに乗せるにはちょうどよい大きさで、日が沈んだ時に心地よい光の効果を演出するという。今後はストラップを付けたり、バッテリーパックをより小さいものに変更したりするかもしれないとのことだ。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. cmレベルの高精度RTK-GPS測位ができる拡張ボード「GPS-RTK HAT for Raspberry Pi」
  2. 放射性中性子を排出しないクリーンな核融合——コンパクトで高効率な水素-ボロン核融合炉を計画
  3. ラズパイとLTEを搭載——防塵防水55インチ4Kモニター発表
  4. 発がん性物質などを含まない、光造形3Dプリンター用レジン「エキマテ」改良版が発売
  5. ラズパイにハードウェアクロックを——「Raspberry Pi 400用 RTCモジュール」
  6. ラズパイとの違いは? 初心者向けArduinoの使い方とオススメキット
  7. カットもできる、10万円以下の組み立て式レーザーカッターLazervidaを使ってみた
  8. ラズパイやJetson Nanoを最大8個搭載可能なクラスターケース
  9. 第1回 ラズパイってなんですか
  10. DINレール対応ラズパイケース——Raspberry Pi 4B用アルミケース発売

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る