新しいものづくりがわかるメディア

RSS


これで運動不足も解消?——PC強制ロックの解除に腕立て伏せを要求する「Pushup Lockscreen」

1時間ごとにパソコンを強制的にロックし、ロックを解除するために腕立て伏せをするよう要求してくるシステム「Pushup Lockscreen」がRaspberry Pi公式ブログで紹介された。

機械学習エンジニアのVictor Sonck氏が作ったこのシステムは、Raspberry Pi経由でパソコンのロックを定期的に実行し、ロック解除するには設定した回数の腕立て伏せを実行する必要がある。Raspberry PiはAIカメラ「OAK-1」に接続されており、カメラからの映像で腕立て伏せの回数を検知する。設定回数分の腕立て伏せをカウントした後、リモートコントロールでロックを解除する仕組みだ。

Pushup Lockscreen

Raspberry Piとパソコンの接続にはSSHを使用し、腕立て伏せの検知には機械学習モデルを採用している。カメラで撮影した動画を1フレーム単位で解析し、Googleの姿勢推定技術「BlazePose」によってフレームごとに骨格の位置を取得し、腕立て伏せが実行されたかどうかを判定している。

Pushup Lockscreen

BlazePoseモデルは、人体が写っている画像データから骨格のみをデジタル化して人体の姿勢を推定するので、最初にBlazePoseモデルを実行することで、腕立て伏せの判定に必要なデータは保持しつつ不必要なデータの削減に成功している。元の動画データは数万ピクセルもあるが、腕立て伏せの判定には骨格関節に関連する33個の座標のみを使用している。

Pushup Lockscreen

Sonck氏によると、実装において苦労した部分はロックの実行ではなくロックを解除する仕組みだったとのこと。ロック実行はスクリーンセーバーのコマンドを呼び出すだけでできるが、ロック解除にはメインシステムの認証パスワードを求められるため、xdotoolユーティリティを使用し、コマンドラインから任意のキーストロークを送信することで解決している。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 昔のマルスをイメージして、パタパタめくってピンを挿す「路線検索ガジェット」を作った
  2. 西和彦氏がM5Stack上で動作するMSX2のオリジナル公式エミュレーター「MSX 0 stack」を発表
  3. Raspberry Piと公式カメラを1つに——Raspberry Pi 2/3/4B対応ケース「PiShell 2」
  4. Creality製の光造形3Dプリンター「HALOT-ONE PLUS」、サンステラが発売
  5. 透かし彫刻磁器という古くからある芸術形式を3Dプリントし、目の見えない人も見える人も共有可能なデータ形式を作製
  6. 1.54インチ正方形LCD基板「Squary」——「RP2040」または「ESP-12E」を搭載
  7. LEGO、教育用プログラミングロボットシリーズ「マインドストーム」を2022年年内で販売終了
  8. 1970年代に開発された戦車シミュレーターをRaspberry Piでレストア
  9. 工学社が書籍「『Raspberry Pi』から広がる電子工作の世界」を発売
  10. 柔軟な構造の分散型波力発電装置が特許を取得——風に揺れる建物や自動車が走行する道路などからも発電できる可能性

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る