新しいものづくりがわかるメディア

RSS


これで運動不足も解消?——PC強制ロックの解除に腕立て伏せを要求する「Pushup Lockscreen」

1時間ごとにパソコンを強制的にロックし、ロックを解除するために腕立て伏せをするよう要求してくるシステム「Pushup Lockscreen」がRaspberry Pi公式ブログで紹介された。

機械学習エンジニアのVictor Sonck氏が作ったこのシステムは、Raspberry Pi経由でパソコンのロックを定期的に実行し、ロック解除するには設定した回数の腕立て伏せを実行する必要がある。Raspberry PiはAIカメラ「OAK-1」に接続されており、カメラからの映像で腕立て伏せの回数を検知する。設定回数分の腕立て伏せをカウントした後、リモートコントロールでロックを解除する仕組みだ。

Pushup Lockscreen

Raspberry Piとパソコンの接続にはSSHを使用し、腕立て伏せの検知には機械学習モデルを採用している。カメラで撮影した動画を1フレーム単位で解析し、Googleの姿勢推定技術「BlazePose」によってフレームごとに骨格の位置を取得し、腕立て伏せが実行されたかどうかを判定している。

Pushup Lockscreen

BlazePoseモデルは、人体が写っている画像データから骨格のみをデジタル化して人体の姿勢を推定するので、最初にBlazePoseモデルを実行することで、腕立て伏せの判定に必要なデータは保持しつつ不必要なデータの削減に成功している。元の動画データは数万ピクセルもあるが、腕立て伏せの判定には骨格関節に関連する33個の座標のみを使用している。

Pushup Lockscreen

Sonck氏によると、実装において苦労した部分はロックの実行ではなくロックを解除する仕組みだったとのこと。ロック実行はスクリーンセーバーのコマンドを呼び出すだけでできるが、ロック解除にはメインシステムの認証パスワードを求められるため、xdotoolユーティリティを使用し、コマンドラインから任意のキーストロークを送信することで解決している。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 電源不要! ソーラーIoTデバイスを3万円台で作ってみた
  2. 小型バーコードスキャナーを作れるRaspberry Pi用拡張ボード「Zero Barcode HAT」
  3. 独自のアルゴリズムで不可能を可能に——3Dプリントでエアロスパイクロケットの実用化を目指す
  4. スイッチサイエンスが「Raspberry Pi Pico」新製品を販売開始
  5. ペットボトルを1週間で分解——プラごみの環境問題を解決するプラスチック分解酵素を発見
  6. ELEGOO、10インチ8KモノクロLCD搭載3Dプリンター「Saturn 2 8K」の先行予約を開始
  7. 3Dプリンター製液体ロケットエンジン「E-2」が試験燃焼でフル推力を達成
  8. 趣味から仕事まで使える!Raspberry Pi(ラズパイ)の使い方とオススメキット
  9. 品質を維持したまま造形速度を2倍に——ミシガン大学発、3Dプリンター用ソフトウェア「FBS」
  10. 電気を使わずビニールテープ製フライホイールで動く8脚ロボット、発進!

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る