新しいものづくりがわかるメディア

RSS


可能性は無限大——17歳の高校生が開発した多目的センサー開発ボード「SENSE」

アメリカの高校に通う17歳のエレクトロニクス愛好家が開発した多目的センサー開発ボード「SENSE」がKickstarterに登場し、人気を集めている。

SENSEは、小型ながら3種類のセンサー、リアルタイムクロック、microSDカードホルダーを備え、空気質、音、光、温度、距離など、さまざまな計測ができる。

SENSE

SENSEの開発者であり、高校でロボット工学チームのリーダーでもあるZack Seifert氏は、ウェザーステーション、タッチレス自動水栓、音で作動するスイッチなどさまざまな使用用途を提案している。環境問題を題材にしたい教育者や、IoTプロジェクトを構築するメイカーに適しているといえる。

SENSE

ガス、温度、気圧、湿度センサーを搭載するAI内蔵環境センサー「BME688」、RGBカラーや環境光、近接距離を検知できるジェスチャーセンサー「APDS9960」、MEMSマイク「SPK0641HT4H」のほか、リアルタイムクロック「PCF8523」、microSDカードホルダー、12mmコイン電池ホルダーを備える。大きさは1.2×0.9インチ(約30×23mm)だ。

SENSE

SENSEはArduino、Raspberry Pi、ESP32などさまざまなマイコンに対応する。Qwiicコネクターを2つ搭載しており、はんだ付け作業なしでI2Cセンサーに接続できる。GitHub上にはArduino、CircuitPython、Raspberry Pi用のライブラリーをはじめ、ユーザーガイドやサンプルコードも公開しているので、何を作ろうかと迷った人は参考にするとよいだろう。

SENSEのキャンペーン価格は、ヘッダーピンとのセットで29ドル(約3700円)。出荷は2022年9月の予定で、日本への送料は17ドル(約2200円)だ。3ドル(約380円)追加すれば、ヘッダーピン実装済みのものに変えられる。

SENSEは、2022年6月16日までクラウドファンディングを実施中。2022年6月1日時点で、目標額1000ドル(約13万円)上回る約1万3000ドル(約170万円)を集めている。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. cmレベルの高精度RTK-GPS測位ができる拡張ボード「GPS-RTK HAT for Raspberry Pi」
  2. 放射性中性子を排出しないクリーンな核融合——コンパクトで高効率な水素-ボロン核融合炉を計画
  3. Raspberry Piと3Dプリンターで自分好みのデジカメを作ろう——レンズ交換式カメラ「PIKON Camera」
  4. ラズパイとLTEを搭載——防塵防水55インチ4Kモニター発表
  5. ラズパイやJetson Nanoを最大8個搭載可能なクラスターケース
  6. 発がん性物質などを含まない、光造形3Dプリンター用レジン「エキマテ」改良版が発売
  7. DINレール対応ラズパイケース——Raspberry Pi 4B用アルミケース発売
  8. ラズパイとの違いは? 初心者向けArduinoの使い方とオススメキット
  9. 第1回 ラズパイってなんですか
  10. 第9回 ラズパイでWindowsとやり取りするにはどうしたらいいですか

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る