新しいものづくりがわかるメディア

RSS


Ultimaker、3Dプリンター用スライサーソフトウェア「Cura 5.0」リリース

オランダのUltimakerは2022年4月21日、FFF(熱溶融積層)方式の3Dプリンター用スライサーソフトウェア「Cura 5.0」ベータ版をリリースした。

photo

Ultimakerは自社製品のローンチイベント「Showcase」で、より高精細かつ高速な3Dプリントを可能にするスライシングエンジンを搭載したCura 5.0ベータ版を発表した。新たに実装した可変ライン幅機能が薄い壁の造形を可能にするなど、プリント品質向上につながる機能を強化している。

これまでのCuraでは、3Dモデルをスライシングする際、壁のライン幅はノズル径と同じか、以前の設定をそのまま使っており、そのモデルのすべてにおいて適用されていた。そのため、壁の厚みがライン幅の2.5本分だった場合、ライン間に小さなギャップが生じたり、ライン幅より薄い壁や小さな細部はプリントされなかったりする問題があった。

Cura 5.0ベータ版のスライシングエンジンは、ライン幅を動的に可変することでそれらの問題を解消し、ライン幅の倍数でない厚みでもギャップを作らず、ライン幅より細く小さな造形も可能になった。それにより、プリントの成功率とモデルの強度を高めるとともに、高精細に仕上げることで品質向上に貢献する。

他にも、Ultimaker製3Dプリンター向けプリントプロファイルのアップデートによる最大20%のプリント速度の向上や、「Apple M1」チップのサポート、新たなUltimakerマーケットプレイスの統合、UIの刷新などを実施している。Cura 5.0ベータ版は、公式Webサイトでダウンロードできる。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 米海軍、強襲揚陸艦「エセックス」上で金属3Dプリンター導入実証実施
  2. 3Dプリントでデスクトップサイズの風洞試験装置を自作
  3. 組み立てて動かせる──ステンレス製組み立てキット「Metal Time」(4種類)
  4. 造形サイズが2.7倍に拡大——FLASHFORGEデスクトップ家庭用3Dプリンター「Finder3」発売
  5. 地下から無尽蔵のエネルギーを得る——MIT、強力マイクロ波を使って大深度地熱井を掘削
  6. 特集は3Dものづくり入門——CQ出版、「トランジスタ技術」2022年9月号発売
  7. DLP光造形3Dプリンター「RAYSHAPE」、サンステラ3Dモールで取り扱い開始
  8. ラズパイとの違いは? 初心者向けArduinoの使い方とオススメキット
  9. チャンバー内温度270°——QUALUP SAS、マルチマテリアル対応高温3Dプリンター「Qu3 HT」発表
  10. 第1回 ラズパイってなんですか

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る