新しいものづくりがわかるメディア

RSS


電線で遊ぼう——電線パーツを組み合わせて遊ぶブロック玩具「ケブラッチョ」

電線パーツを使った新感覚ブロック「ケブラッチョ」がクラウドファンディングの「CAMPFIRE」で出資を募っている。

photo

ケブラッチョは、電線をボルトとナットで組み合わせて遊ぶブロック玩具。遊び方は、電線パーツの圧着端子にボルトを通し、ナットを回してとめるだけ。電線パーツは、笑っている口に似ていることからニコリパーツと命名したという。

photo

製品は価格帯や用途にあわせて、L・Sの各24本の電線パーツが入り、いろいろなものを作れる「ケブラッチョBasic」(対象年齢15歳以上)、地球や花などパッケージに表示された作品1つが作れる材料を揃えた「ケブラッチョLite」(対象年齢15歳以上)、電線パーツをハガキサイズのボード(厚紙)にカシメで固定したものを飾る「ケブラッチョBoard」(完成品)の3つのシリーズが用意されている。

photo

CAMPFIREでは、ケブラッチョBasicのクラウドファンディング特別パッケージとロゴ入りオリジナルボールペンを9800円で購入できるプランなどを用意している。

photo

調達した資金は、リターンの材料代と送料、CAMPFIREの手数料、 2022年秋頃予定の一般販売開始に伴う量産体制を整える資金に使用するという。

ケブラッチョは2022年6月30日までCAMPFIREにてクラウドファンディング中だ。目標金額は100万円。リターンの発送は2022年8月の予定だ。

※記事初出時、文中に誤りがありました。訂正してお詫びいたします。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 昔のマルスをイメージして、パタパタめくってピンを挿す「路線検索ガジェット」を作った
  2. 西和彦氏がM5Stack上で動作するMSX2のオリジナル公式エミュレーター「MSX 0 stack」を発表
  3. Raspberry Piと公式カメラを1つに——Raspberry Pi 2/3/4B対応ケース「PiShell 2」
  4. Creality製の光造形3Dプリンター「HALOT-ONE PLUS」、サンステラが発売
  5. 透かし彫刻磁器という古くからある芸術形式を3Dプリントし、目の見えない人も見える人も共有可能なデータ形式を作製
  6. 1970年代に開発された戦車シミュレーターをRaspberry Piでレストア
  7. Raspberry Pi財団、Mastodon公式インスタンス立ち上げを発表——Raspberry Pi 4で運用
  8. 1秒当たり250mmでの高速印刷が可能な3Dプリンター「Guider3」販売開始
  9. 1.54インチ正方形LCD基板「Squary」——「RP2040」または「ESP-12E」を搭載
  10. LEGO、教育用プログラミングロボットシリーズ「マインドストーム」を2022年年内で販売終了

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る