新しいものづくりがわかるメディア

RSS


宇宙でインターネット——太陽系向けISPを目指すスタートアップ、65万ドルを調達

TEDx Talks/YouTube

米Aquarian Spaceが2022年3月、自身のFacebookページで、Draper Associatesなどからの資金調達に成功したことを明らかにした。調達額は65万ドル(約8000万円)とのこと。調達した資金は、衛星中継ネットワークの開発に充てる。

Aquarian Spaceは「世界初の太陽系向け大容量データ通信のインターネットサービスプロバイダー」を名乗り、人工衛星を使ったデータ中継ネットワーク「SOLNET」を計画している。SOLNETの代表的な用途には、月や火星から収集する科学的な観測データ、スペースデブリの追跡や宇宙気象の観測用データの送受信がある。

SOLNETのユーザは、政府防衛機関、国際宇宙機関(NASAやESAなど)、商用宇宙輸送サービス(米SpaceXや米Blue Originなど)といった3タイプの組織を想定している。

技術の特徴や詳細は現状明らかになっていないものの、月から地球に向けて100Mbpsの速度でデータを送信できるとうたっている。SOLNETの稼働によって科学的発見の手段を利用しやすくなり、人類の宇宙空間での活動範囲拡大につながるという。

fabcross for エンジニアより転載)

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 3色表示可能な電子ペーパーを搭載したArduino互換ボード「Inkplate 2」
  2. MITの学生チーム、金属3Dプリンティング用金型鋼材料を開発——Teslaギガファクトリーの金型製造も
  3. 10インチ8KモノクロLCD搭載——Anycubic、DLP方式3Dプリンター「Photon M3 Premium」発表
  4. Snapmaker、独立型デュアルエクストルーダー搭載3Dプリンター「J1」の先行予約開始
  5. 液晶が丸くなるだけで面白い、ダイヤル式デジタル万華鏡を作る
  6. 医療用検査機器開発にRaspberry Piを採用——信頼できる産業用開発プラットフォームと評価
  7. 第1回 ラズパイってなんですか
  8. 1秒当たり250mmでの高速印刷が可能な3Dプリンター「Guider3」販売開始
  9. 木製品を製造できる、環境に優しい植物由来の3Dプリンター用インクを開発
  10. Liqcreate、柔軟性と高弾性を追求した光造形3Dプリンター用レジン「Elastomer-X」を発表

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る