新しいものづくりがわかるメディア

RSS


写経型学習でPythonを学べるプログラミング教材「QAPRI」、Makuakeで先行販売

子ども用プログラミング教材を開発するCRETARIAは、同社開発のロボット「Qumcum(クムクム)」を使ってプログラミング言語のPythonを習得できるプログラミング教材「QAPRI(かぷり)」をMakuakeに出品した。

QAPRIは、Pythonのプログラミングを通じて、ロボットやインターネット、AIなどの技術を学習できるプログラミング教材。Scratchなど、ブロック型のビジュアルプログラミング言語をすでに学び、次の段階へプログラミング学習を進めたい子どもたちに向けて開発した。

グループ会社のキヤミーが京都大学と共同研究した自学自習の独自メソッドである写経型学習法と、2012年から京都市教育委員会との小学生へのプログラミング授業から得られた知見を採り入れて開発した。

QAPRIの写経型学習法とは、写経のようにとにかく教材のサンプルコードを打ち込み、真似をしてロボットを動かしていく学習法。模倣を繰り返すうちに理解できるようになり、興味を持てるようにすることで子どもの主体性を引き出すという狙いがある。講師がいなくても、記述式で難易度の高いPythonを体験しながら習得できる。

インターネット上のクラウドシステムで学習するオンライン教材なので、場所や時間を問わずに学習可能だ。

QAPRIは2022年9月1日から一般販売する予定。Makuakeでは、ロボットのQumcumPROとカリキュラムがセットになったフルセットを希望小売価格の11万880円から30%オフの7万7616円(税込)、カリキュラムのみのセットを希望小売価格6万1600円から30%オフの4万3120円(税込)で先行販売している。

Makuakeのプロジェクト終了日は2022年7月3日。応援購入総額は6月20日時点で94万8640円となり、すでに目標金額の20万円を大幅に超えている。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. cmレベルの高精度RTK-GPS測位ができる拡張ボード「GPS-RTK HAT for Raspberry Pi」
  2. 放射性中性子を排出しないクリーンな核融合——コンパクトで高効率な水素-ボロン核融合炉を計画
  3. Raspberry Piと3Dプリンターで自分好みのデジカメを作ろう——レンズ交換式カメラ「PIKON Camera」
  4. ラズパイとLTEを搭載——防塵防水55インチ4Kモニター発表
  5. ラズパイやJetson Nanoを最大8個搭載可能なクラスターケース
  6. 発がん性物質などを含まない、光造形3Dプリンター用レジン「エキマテ」改良版が発売
  7. DINレール対応ラズパイケース——Raspberry Pi 4B用アルミケース発売
  8. ラズパイとの違いは? 初心者向けArduinoの使い方とオススメキット
  9. 第1回 ラズパイってなんですか
  10. 第9回 ラズパイでWindowsとやり取りするにはどうしたらいいですか

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る