新しいものづくりがわかるメディア

RSS


スクラップのエンジンをレストアし、90日でスタイリッシュなボートを製作

Thánh Chế - Mr Hồ/YouTube

Thánh Chế – Mr HồというYouTubeチャンネルは2022年5月の動画で、一人のアジア人男性が海辺で砂に埋もれたエンジンを見つけたことをきっかけに、スタイリッシュなボートを90日かけてDIYで製作する過程を公開した。

動画は、錆や貝殻がこびりついたエンジンを作業場に持ち帰り、高圧水で洗浄して分解する場面から始まった。分解した部品は1つ1つの錆や油汚れを落とし、研磨や塗装によって復元。

全ての部品の準備が整うと、次はエンジンの組み立てに入った。手際よく作業する様子から、彼のエンジニアとしてのスキルの高さがうかがえる。組み上げられたエンジンは、一度で始動した。

船体も廃棄物から製作している。エンジンを持たない船体を選んだため、エンジンとスクリューを搭載できるよう、船底を改造。ハンドルとシートは、自動車のスクラップ部品を利用したようだ。

最後に、金属の角材を溶接してボートの外装を支えるフレームを組み立て、パネルを取り付けて塗装。動画の最後では、男性が完成したボートを川で試乗し、彼が運転するスタイリッシュなボートは、見事に水上を駆け抜けた。

fabcross for エンジニアより転載)

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 米海軍、強襲揚陸艦「エセックス」上で金属3Dプリンター導入実証実施
  2. 3Dプリントでデスクトップサイズの風洞試験装置を自作
  3. 組み立てて動かせる──ステンレス製組み立てキット「Metal Time」(4種類)
  4. 造形サイズが2.7倍に拡大——FLASHFORGEデスクトップ家庭用3Dプリンター「Finder3」発売
  5. 地下から無尽蔵のエネルギーを得る——MIT、強力マイクロ波を使って大深度地熱井を掘削
  6. 特集は3Dものづくり入門——CQ出版、「トランジスタ技術」2022年9月号発売
  7. DLP光造形3Dプリンター「RAYSHAPE」、サンステラ3Dモールで取り扱い開始
  8. ラズパイとの違いは? 初心者向けArduinoの使い方とオススメキット
  9. チャンバー内温度270°——QUALUP SAS、マルチマテリアル対応高温3Dプリンター「Qu3 HT」発表
  10. 第1回 ラズパイってなんですか

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る