新しいものづくりがわかるメディア

RSS


GM、新型EV「CELESTIQ」向けに100億円規模の設備投資へ——3Dプリント部品100点以上を使用予定

General Motors(GM)は、高級車ブランド「Cadillac」の新型EV「CELESTIQ」の生産準備に向け、米ミシガン州にあるグローバルテクニカルセンターに8100万ドル(約109億円)以上を投資すると発表した。

Cadillac CELESTIQ

CELESTIQは「Cadillacの未来のフラッグシップセダン」であると同社のMark Reuss社長は位置付け、「ブランドの新たな復活の時代を象徴する」とした。今回の投資により、最高の職人技、設計、エンジニアリング、技術を備えた世界クラスのCadillacを提供できるとしている。

Cadillac CELESTIQ

CELESTIQでは、金属製またはポリマー製の構造部品や化粧部品の多くを3Dプリントで作る予定だ。同社は2020年にグローバルテクニカルセンター内に3Dプリント産業化センター(AIC:Additive Industrialization Center)を開設し、CadillacのCT4-VおよびCT5-V向け部品を製造している。CELESTIQに使用する3Dプリント部品は100点以上になる見込みで、他のGM車両よりも多くなる。さらに、製造工場の組み立て工程で使う工具や治具、ゲージにも付加製造技術を活用する。

Cadillac CELESTIQ

CELESTIQのルーフは、乗員それぞれの好みに合わせて透明度を変えられるスマートグラスになる予定だ。前部には自由形状ディスプレイを配置し、ドライバーが運転に集中できるようなプライバシー機能も備えるという。

また、CELESTIQは、同社のEV戦略の要である「Ultium」プラットフォームを採用する。Ultiumプラットフォームは、共通のEVアーキテクチャーに加えて、バッテリーセル、モジュール、パック、「Ultium Drive」ユニット、EVモーター、統合パワーエレクトロニクスなどの推進コンポーネントを含んでおり、生産工程の共通化と合理化を図る。

同社は、2022年6月8日にCELSTIQのティザー画像を一部公開しており、今後さらに画像を公開する予定だ。展示車両の披露は2022年7月下旬を予定している。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 地下から無尽蔵のエネルギーを得る——MIT、強力マイクロ波を使って大深度地熱井を掘削
  2. 米海軍、強襲揚陸艦「エセックス」上で金属3Dプリンター導入実証実施
  3. 造形サイズが2.7倍に拡大——FLASHFORGEデスクトップ家庭用3Dプリンター「Finder3」発売
  4. 3Dプリントでデスクトップサイズの風洞試験装置を自作
  5. 特集は3Dものづくり入門——CQ出版、「トランジスタ技術」2022年9月号発売
  6. アシックス、パラメトリックデザイン手法と3Dプリント技術を活用した「ACTIBREEZE 3D SANDAL」を開発
  7. 加工不要な木製品——MIT、植物細胞から木材を培養する実験
  8. ラズパイとの違いは? 初心者向けArduinoの使い方とオススメキット
  9. スイッチサイエンスがM5Stackの工業用途向け開発プラットフォーム「M5Station」を販売開始
  10. ArduinoでもRaspberry Piでも動かせるDIYロボットキット「CodeRover」

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る