新しいものづくりがわかるメディア

RSS


M5Stack用拡張モジュール3種発売

M5Stack向けに「M5Stack用 I/O拡張ユニット2(STM32F030)」「M5Stack用 I2Cジョイスティックユニット」「M5StickC 8チャンネルサーボドライバHat」の拡張モジュール3種が発売された。

photo

M5Stack用 I/O拡張ユニット2(STM32F030)は、STM32F030マイコンベースのM5Stack用I/O拡張ユニットだ。I2C通信インターフェースを使用した拡張I/Oを計8基搭載、独立したデジタルI/OやADC、サーボ制御、RGB LED制御モードの設定に対応している。デバイスごとにI2Cアドレスが設定できるので、1つのI2Cバスに複数マウントしてI/Oリソースを拡張することができる。価格は1012円(税込)となる。

photo

M5Stack用 I2Cジョイスティックユニットは、ジョイスティックを搭載したコントロール用ユニットで、I2Cインターフェースを採用。3軸コントロール信号入力(X/Y軸オフセットアナログ入力、Z軸キーデジタル入力)に対応する。ゲームやロボットなどのコントロールに適しているという。価格は1991円(税込)だ。

photo

M5StickC 8チャンネルサーボドライバHatは、M5StickC/C Plusシリーズで動作する8チャンネルサーボドライバモジュールだ。メインコントローラにSTM32F030F4を採用し、サーボをPWM駆動する。I2Cで通信し、内蔵する電源管理回路でサーボのオン/オフをプログラミング制御する。充電可能な16340リチウム電池で最大負荷1.3Aに対応する。価格は1232円(税込)だ。

各製品ともスイッチサイエンスのオンラインショップで販売している。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 米海軍、強襲揚陸艦「エセックス」上で金属3Dプリンター導入実証実施
  2. 地下から無尽蔵のエネルギーを得る——MIT、強力マイクロ波を使って大深度地熱井を掘削
  3. 3Dプリントでデスクトップサイズの風洞試験装置を自作
  4. 造形サイズが2.7倍に拡大——FLASHFORGEデスクトップ家庭用3Dプリンター「Finder3」発売
  5. 特集は3Dものづくり入門——CQ出版、「トランジスタ技術」2022年9月号発売
  6. アシックス、パラメトリックデザイン手法と3Dプリント技術を活用した「ACTIBREEZE 3D SANDAL」を開発
  7. ラズパイとの違いは? 初心者向けArduinoの使い方とオススメキット
  8. DLP光造形3Dプリンター「RAYSHAPE」、サンステラ3Dモールで取り扱い開始
  9. スイッチサイエンスがM5Stackの工業用途向け開発プラットフォーム「M5Station」を販売開始
  10. DLP光造形3Dプリンター「RAYSHAPE」、サンステラ3Dモールで取り扱い開始

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る