新しいものづくりがわかるメディア

RSS


M5Stack向けにSIM7080G搭載——スイッチサイエンス、「CAT-M/NB-IoT+GNSSユニット」発売

スイッチサイエンスが「M5Stack用 SIM7080G搭載 CAT-M/NB-IoT+GNSSユニット(アンテナつき)」を2022年7月15日に発売した。

photo

同製品はSIM7080Gを搭載し、CAT-M/NB-IoT帯域とGNSSに対応したワイヤレス通信モジュール。デュアルSMA外部アンテナインターフェース(LTE+GNSS)により、通信品質と信号強度を向上している。またシリアル通信とATコマンドコントロールの採用により、複数の通信プロトコルにも対応している。

通信速度はそれぞれCat-Mが上り1119kbps/下り589kbps、NB-IoTが上り150kbps/下り136kbpsだ。外部DC9~24V(5.5/2.1mmDCソケット)入力、9~24V-5V変換用ビルトインDC/DC回路に加え、HY2.0-4Pケーブルでの外部DC5V電源にも対応している。

サイズは62×40×18.4mm、重量は25.1g。価格は7425円(税込)で、スイッチサイエンスから購入可能。なお、現時点で技適マークは本体ではなくパッケージに表示されているとのことだ。

photo

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 米海軍、強襲揚陸艦「エセックス」上で金属3Dプリンター導入実証実施
  2. 地下から無尽蔵のエネルギーを得る——MIT、強力マイクロ波を使って大深度地熱井を掘削
  3. 3Dプリントでデスクトップサイズの風洞試験装置を自作
  4. 造形サイズが2.7倍に拡大——FLASHFORGEデスクトップ家庭用3Dプリンター「Finder3」発売
  5. 特集は3Dものづくり入門——CQ出版、「トランジスタ技術」2022年9月号発売
  6. アシックス、パラメトリックデザイン手法と3Dプリント技術を活用した「ACTIBREEZE 3D SANDAL」を開発
  7. ラズパイとの違いは? 初心者向けArduinoの使い方とオススメキット
  8. DLP光造形3Dプリンター「RAYSHAPE」、サンステラ3Dモールで取り扱い開始
  9. スイッチサイエンスがM5Stackの工業用途向け開発プラットフォーム「M5Station」を販売開始
  10. DLP光造形3Dプリンター「RAYSHAPE」、サンステラ3Dモールで取り扱い開始

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る