新しいものづくりがわかるメディア

RSS


複数のAI学習モデルを同時処理できる産業用PC「AT-IPCFG004」

アナログ・テックは、デュアルAIチップ搭載の産業用PC「AT-IPCFG004」を提供する。1台の筐体に産業向けのAIチップ「Hailo-8 AIプロセッサー」を2基搭載。1つの画像ソースに対して、複数種類のAI学習モデルから2つのアルゴリズムを適用して同時に処理できる。

AIのディープラーニングでは、画像/音声/時系列などのデータソースの種類、分類/深度推定/物体認識/顔の検出/姿勢の推定などの分析の用途に応じて、最適なアルゴリズムを適用する。一般的なエッジ推論では1つの画像ソースに対して1つの学習モデルを実行するが、同製品では2つのAIチップを搭載することで、2つのアルゴリズムを適用して同時に処理することを可能にした。

同製品に搭載したHailo-8 AIプロセッサーは、AI処理に特化したアーキテクチャを採用。電力効率は3TOPS/W、1チップで26TOPSの処理性能で、動作環境は-40℃~85℃。供給期間は販売から最長10年を予定するなど、産業用途向けのチップだ。

同製品は小型で放熱設計されたファンレス筐体を採用し、耐環境性能に優れる。RS232/422/485やDIOの汎用インターフェースがオプションで用意され、ユニバーサルI/OによるPoEや10GbEの拡張、産業用SSDなどへのパーツ交換など、ユーザーの要求仕様に応じたカスタムに対応する。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. ラズパイで動くレトロな超小型デスクトップPCを自作
  2. 厚さはたったの11mm——世界最薄とうたうRaspberry Pi Zero搭載「ラジカセ」
  3. 特集はMicroPython——CQ出版、「Interface 2023年3月号」発売
  4. ネオンを編む!? サイバーパンクな編み物で、輝くニット帽を作ってみた
  5. 1年半で国産ドローンを量産——金沢発、群制御に特化したドローンショー用機体「unika」を生んだスタートアップの歩みと未来
  6. ハッキング手法を試行してプログラミング学習——ラズパイマイコン搭載USBデバイス「HackyPi」
  7. 自転車を30秒で電動化する、E-bikeコンバージョンキット「LIVALL PikaBoost」
  8. ラズパイとAndroidでオシロスコープを——Raspberry Pi Picoオシロスコープ向けアナログ基板「PLU2212-DSO」発売
  9. Simplify3D、3Dプリンター用ソフトウェアの最新版「Simplify3D V5」をリリース
  10. 地球上で最も強靭な「高エントロピー合金」を発見

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る