新しいものづくりがわかるメディア

RSS


複数のAI学習モデルを同時処理できる産業用PC「AT-IPCFG004」

アナログ・テックは、デュアルAIチップ搭載の産業用PC「AT-IPCFG004」を提供する。1台の筐体に産業向けのAIチップ「Hailo-8 AIプロセッサー」を2基搭載。1つの画像ソースに対して、複数種類のAI学習モデルから2つのアルゴリズムを適用して同時に処理できる。

AIのディープラーニングでは、画像/音声/時系列などのデータソースの種類、分類/深度推定/物体認識/顔の検出/姿勢の推定などの分析の用途に応じて、最適なアルゴリズムを適用する。一般的なエッジ推論では1つの画像ソースに対して1つの学習モデルを実行するが、同製品では2つのAIチップを搭載することで、2つのアルゴリズムを適用して同時に処理することを可能にした。

同製品に搭載したHailo-8 AIプロセッサーは、AI処理に特化したアーキテクチャを採用。電力効率は3TOPS/W、1チップで26TOPSの処理性能で、動作環境は-40℃~85℃。供給期間は販売から最長10年を予定するなど、産業用途向けのチップだ。

同製品は小型で放熱設計されたファンレス筐体を採用し、耐環境性能に優れる。RS232/422/485やDIOの汎用インターフェースがオプションで用意され、ユニバーサルI/OによるPoEや10GbEの拡張、産業用SSDなどへのパーツ交換など、ユーザーの要求仕様に応じたカスタムに対応する。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. cmレベルの高精度RTK-GPS測位ができる拡張ボード「GPS-RTK HAT for Raspberry Pi」
  2. 放射性中性子を排出しないクリーンな核融合——コンパクトで高効率な水素-ボロン核融合炉を計画
  3. Raspberry Piと3Dプリンターで自分好みのデジカメを作ろう——レンズ交換式カメラ「PIKON Camera」
  4. ラズパイとLTEを搭載——防塵防水55インチ4Kモニター発表
  5. ラズパイやJetson Nanoを最大8個搭載可能なクラスターケース
  6. 発がん性物質などを含まない、光造形3Dプリンター用レジン「エキマテ」改良版が発売
  7. DINレール対応ラズパイケース——Raspberry Pi 4B用アルミケース発売
  8. ラズパイとの違いは? 初心者向けArduinoの使い方とオススメキット
  9. 第1回 ラズパイってなんですか
  10. 第9回 ラズパイでWindowsとやり取りするにはどうしたらいいですか

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る