新しいものづくりがわかるメディア

RSS


データを暗号化して保存——「RP2040」ベースのデータロギング機能付きUSB RTC「EncroPi」

Raspberry Piのマイクロコントローラー「RP2040」を搭載したUSB RTC「EncroPi」がKickstarterに登場し、出資を募っている。

EncroPiは、単なるRTCではなく、RP2040を搭載することでより多くの用途に使えるように開発されたデバイスだ。Micro SDカードスロットや1.14インチLCD(解像度240×240ピクセル)、温度センサー、コイン電池ホルダーを備え、停電を検知するとバックアップ電源となるコイン電池に自動的に切り替えることもできる。

EncroPi

温度補償型水晶発振器(TCXO)を内蔵するI2C RTC「DS3231」を搭載しており、正確な時刻や温度情報を記録できる。DS3231の動作電圧は2.3~5.5Vだ。さらに、データ暗号化オプションを備え、Micro SDカードに保存するデータを暗号化できる。暗号化方式は、AES、トリプルDES、Twofish、RSAに対応している。

EncroPi
EncroPi
EncroPi

EncroPiのキャンペーン価格は、35ポンド(約5600円)。日本への送料は15ポンド(約2400円)で、出荷は2022年9月を予定している。

EncroPiは、2022年8月21日までクラウドファンディングを実施中だ。目標金額500ポンド(約8万円)に対し、2022年8月2日時点で、目標額を上回る約7500ポンド(約120万円)を集めている。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 米海軍、強襲揚陸艦「エセックス」上で金属3Dプリンター導入実証実施
  2. 地下から無尽蔵のエネルギーを得る——MIT、強力マイクロ波を使って大深度地熱井を掘削
  3. 3Dプリントでデスクトップサイズの風洞試験装置を自作
  4. 造形サイズが2.7倍に拡大——FLASHFORGEデスクトップ家庭用3Dプリンター「Finder3」発売
  5. 特集は3Dものづくり入門——CQ出版、「トランジスタ技術」2022年9月号発売
  6. アシックス、パラメトリックデザイン手法と3Dプリント技術を活用した「ACTIBREEZE 3D SANDAL」を開発
  7. ラズパイとの違いは? 初心者向けArduinoの使い方とオススメキット
  8. DLP光造形3Dプリンター「RAYSHAPE」、サンステラ3Dモールで取り扱い開始
  9. スイッチサイエンスがM5Stackの工業用途向け開発プラットフォーム「M5Station」を販売開始
  10. DLP光造形3Dプリンター「RAYSHAPE」、サンステラ3Dモールで取り扱い開始

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る